おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 6(シックス)ステイン 福井晴敏 講談社

<<   作成日時 : 2005/06/01 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
実はこれまでの福井作品は、きっちり読破できてません。軍事関係にあまり興味がない、というのも一因なんですが、作品に感情移入できなかったんです。自分が気持ちを託すファクターがなかったんですよ。(感情移入できないと本が読めない、というのは幼稚なのかしら・・。)

でも、これは以外にはまって、一気に読んでしまいました。これは6編の短編からなる連作です。二重三重にがっちりと「組織」にがんじがらめになっている、それぞれの話の主人公たち。「上」の思いのままに動くことを絶対とされている彼らが、その重みと「自分」のなかの捨てられない人間としての
一点の間で板ばさみになって、マグマが噴出するように自分を爆発させていく、その過程がリアルに書かれています。いつもは辟易してしまう、緻密な秘密組織についての描写が、かえってその人間性を際立たせる効果を果たしています。男の人むきかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

6(シックス)ステイン 福井晴敏 講談社 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる