おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS キャベツくん 長新太 文研出版 〜長新太さんによせて〜

<<   作成日時 : 2005/06/27 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

画像
今朝新聞で、長新太さんが亡くなられたことを知りました。お体が悪いことも知らなかったので、本当にびっくりしました。長新太さんのお書きになる絵本や児童書のファンとして、とても残念です。

「おしゃべりなたまごやき」「つみつみニャー」「いたずらラッコとおなべのほし」「ちょびひげライオン」「ともだちは海のにおい」「だくちるだくちる」「かさもっておむかえ」などなど、彼の作品に触れずに大人になった人はいないのではないでしょうか。

その中でも、一番親子でお世話になったのが、この「キャベツくん」です。荒涼とした、といっていいほどなんにもない一本道をあるいているキャベツくんとブタヤマさんがであっていきなり繰り広げるこのナンセンスなやりとり。
「ぼくをたべるとキャベツになるよ!」というキャベツくんのセリフを、何度息子たちに聞かせたことか・・。この突き抜けたユーモア感覚がすごい。いきなり、キャベツになったライオンや、クジラが空にうかんでるんですよ。理屈、とか、常識、とか、普通の人がこだわりそうなところをあっさり飛び越える自由さが気持ちいい。それを支える絵の力があってはじめてできることなのでしょうが・・。「いいんだよ、いつも自由でいていいんだよ」という笑い声が聞こえてくるようなおおらかな絵が好きでした。息子たちも一番のお気に入りで、今でも「絵本」と言うとこの「キャベツくん」を思い出すようです。

長新太さんの新作が読めないのは残念です。しかし、かれの作品はいつまでも残っていって、子どもたちに愛されることでしょう。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

おいしい本箱へ→http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000276

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログを書いてる人たちの長新太さん
今日はお願いがあるのですが(ホント勝手に失礼ですよね) 長新太さんについて記事を ...続きを見る
絵本おじさんの東京絵本化  計画
2005/06/30 13:43

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめましてTBさせていただきました
よければ立ち寄ってください
絵本おじさん
2005/06/30 13:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

キャベツくん 長新太 文研出版 〜長新太さんによせて〜 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる