おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 優しい音楽 瀬尾まいこ 双葉社

<<   作成日時 : 2005/06/09 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
「卵の緒」を読んでから、新刊が出るのをとても楽しみにしている瀬尾まいこさんの最新作。
表題作の「優しい音楽」、「タイムラグ」、「ガラクタ効果」の3つの短編が入っています。

彼女の作品は、いつも優しくてあったかいです。読んだあと、心がほのぼのする読後感がいい。

どのお話も、本当に現実にはありえないおとぎ話なのかもしれません。
第一話の「優しい音楽」にしても、亡くなったお兄さんにそっくり、というところから始まった恋愛が、こんなふうにうまく運んでいくもんかな、とか、普通その事実がばれた時にダメになっちゃうよな、とか思ってしまうのですが、うまくリアリティのあるエピソードをはさんで読む人を納得させてしまいます。
気持ちよくだまされる、というのは小説のひとつの醍醐味ですよね。生活感とファンタジーの折り合いの付け方がとてもうまい。そして最期まで読んでほろっとさせられてしまうんです。前作の「幸福な食卓」は衝撃のラストで泣かされてしまいましたが、今回の作品集は、どれも「こうあってほしい」というラストにうまくはまって、泣かされました。文章がよみやすくて、だれでも楽しめる作家さんだと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「優しい音楽」瀬尾まいこ
瀬尾まいこによる短編集。05年に出たのでやや古い。 「こんなのありえない!」と思いつつ、楽しんで読んだ。    【送料無料】優しい音楽 [ 瀬尾まいこ ]価格:500円(税込、送料別) 「優しい音楽」 駅で声をかけてきた女子大生とつきあうようになった男。 彼女は、… ...続きを見る
りゅうちゃん別館
2012/11/26 07:54

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

優しい音楽 瀬尾まいこ 双葉社 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる