おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ぎぶそん 伊藤たかみ ポプラ社

<<   作成日時 : 2005/07/19 21:11   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 5

画像
まず装丁がカワイイ。ゴツボ×リュウジという漫画家(らしい)の表紙なんだけど、安っぽくならないでカッコよく垢抜けた感じ。「ぎぶそん」というタイトルの字体がいいのかな。気を遣ってあります。

内容は懐かしや、バンド活動。ガンズ・アンド・ローゼズの音にほれ込んだ中学生たちの文化祭までのひと時の物語です。文化祭・・。バンド・・。高校時代をそれにささげてしまった自分を思い出すなあ。私たちの頃は、ディープ・パープルでしたねえ。みんなやたらにコピーしてたもんね。文化祭に楽器屋にアンプ借りに行ったりとか、「してたよ〜」と細かいところに感動してしまいました。貸しスタジオの独特のほこりっぽい匂いとかまで思い出してしまいました。覚えてたんだなあ、こんなこと。バンド小僧だったお父さんやお母さんたちにもオススメ。胸キュンです。

14才の一瞬の時。瞬く間にすぎていく、大人になったらどこかにまぎれてしまいそうな時が読んでいて切ないです。「音」を人前で演奏する快感って、一度やるとやみつきになるんですよね。その一瞬を共有する友だちは、なんだか特別になってしまうんですよ。大阪弁のやりとりもリアルで、とても読みやすい。ガクとリリィのいかにも初々しい恋もいいし、かける君のちょっとすねたキャラクターも魅力的。小説の視点がコロコロ変わって、それぞれの気持ちが書かれているのですが、うるさくならないのもさすがです。壊れたアル中のおじいちゃんもいい味。ちなみに「ぎぶそん」は、ギターの名前です。

おいしい本箱へ → http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000365
音楽の本  →  http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000059
        http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000137
        http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000213
        http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000248

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ぎぶそん』
『ぎぶそん』 伊藤たかみ 著 ポプラ社 2005/05 昭和六十三年、貴方は何 ...続きを見る
会社ともおの読書日記
2005/09/16 13:19
ぎぶそん
===== 伊藤たかみ ===== [[attached(1,left)]]  teens’best selections 7  @ポプラ社 2005年5月 第1刷 {{{:  時に昭和末期、 中学生のバンド話で、 ドラムが紅一点という事でかどうか、 恋愛話も絡んできての、 友情・仲間・青春であります。 ...続きを見る
入ル人ラ
2006/04/13 11:01
「大人だって青春したい」 伊藤たかみ/ぎぶそん
 今日は市民体育館に「PTAママさんバレー」の応援に行ってきました。  午前と午後に各1試合ずつ、お母さん達はいつも学校で見せる顔とは別の「スポーツマン(スポーツウーマン(^^)?)」の顔でコートの中を走り回り、「レシーブ!」「トス!」「スパイク!」とやっておりました。  バレーボールに夢中になり、汗を流し涙するお母さん達の姿はまさに「青春」そのもの!部活に夢中になっている中学生や高校生のように若々しく生き生きとしているお母さん達が本当にうらやましく思いました。(応援中は手に汗握り... ...続きを見る
波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOO...
2006/08/06 07:31
ぎぶそん / 伊藤たかみ
【第21回 坪田譲治文学賞受賞作】 バンドを通じてくり広げられる、中学生の青春を ...続きを見る
哀愁さがして三千里
2009/06/21 21:48

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバックさせていただきました。
なかなか良かったですよね、この本。
きむらともお
2005/09/16 13:20
TB&コメント、有り難う御座います。
実は猫武も高校の文化祭で『ディープ・パープル』をコピーで、
やっちゃいました。
 もはや、我が"ぎぶそん仲間"は何処へ?ってな感じであります。
 
猫武炸成
2006/04/14 13:20
>猫武炸成さん
やりましたか、ディープ・パープル(爆)昔の"ぎぶそん仲間"とは今でも時々会いますが、けっこう皆変わらなかったりしますね〜。あの頃「音楽」をしていた瞬間の熱さや、自己満足もありの陶酔感などを懐かしく思い出しました。今はカラオケで役にたつくらいですが(爆)
ERI
2006/04/14 20:57
おはようございます〜。
ERIさんもバンドやってらしゃったんですね!
この記事に100%共感してしまいました(^^)!
スタジオのほこりっぽさ!私も思い出しました!
あと独特の匂いも(^^)。
私は、ちょうどこの時代が高校3年生〜浪人生だったので、主人公達とかなり近い感覚で読むことができ、いっそう懐かしさを感じました(^^)。
波野井露楠
2006/08/06 07:34
>波野井さん
コメントありがとうございます!!波野井さんもバンド仲間でしたか(爆)ほんと、「音楽」を一緒にする、というのは特別なことですよね。
伊藤さんもやってらしたのかしら?想像すると、また楽しいですよね。
ERI
2006/08/07 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

ぎぶそん 伊藤たかみ ポプラ社 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる