おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 孤宿の人 宮部みゆき 新人物往来社

<<   作成日時 : 2005/07/25 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 4

画像
実は大概の本は図書館で調達します。全部買ってたら、まず今でも危ないうちの家の床が抜ける。置き場所ももう限界です。(収納する、というのでななく置く、というところに悲しみがあるわけです)そして気に入ったら買う・・。
しかし、宮部みゆきさんの本は、大体即買いします。やはり期待度がそれだけ高いんですよ。最近上下巻続きでお財布にも辛いところですが、やはり買ってしまいますねえ。

悪人らしい悪人は出てきません。恋敵を殺すというなんとも小者の女だけが唯一の明らかな悪人です。どうも宮部さんは、こういう女女した動悸の犯罪はすごくお嫌いみたい。あとは、みんな自分の人生を懸命に生きる人たちばかりなんです。そんな人たちの生活を、ひっくり返していくのが、「加賀殿」といわれる丸海藩お預かりのいわくつきな人物。しかし彼も実は悲しい権力の被害者なんですね。つまりひとりひとりの大切な人生を押し流していく権力や政治の悲惨さ、流されていく人生の悲しみを描きたかったのでしょう。その悲しみを、「ほう」という無垢な少女の目を通して描くことで、より鮮明なものにしてあります。

これまでの一生懸命いきてきた人生がひょんなことからひっくり返る、というのは誰にでも起こりうること。先日のJR福知山線の事故にしても、そうですよね。あの報道をみるたび胸が痛いです。意図したものではなく、悪意からでもない。でも、そのために人生を狂わされてしまった人はどうすればいいのか。そんな痛みを書きたかったのでは・・。答えはありませんが、「ほう」と「宇佐」という少女二人の美しさに救われるような思いがしました。

話の流れといい、丸海藩の詳細なデティールといい、やはりうまいです。たくさん出てくる登場人物の一人ひとりを丁寧に書くことで、大河ドラマのような味わいも。しかし、その反面いくらでも書けるあまり饒舌になりすぎた点もあったのでは。個人的には上下巻ではなく、半分くらいにしたほうがピリッと余韻も大きくなったような気がしますが。厳しい?


おいしい本箱へ → http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000380
             http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000370

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
孤宿の人 / 宮部みゆき
宮部みゆきさんの『孤宿の人』がやっと読み終わりました。 内容としては、江戸時代の徳川家斉時代のお話で、四国の丸海藩という小さな藩へ江戸で妻子と家来を切り捨てた罪で加賀さまという方が流されてくる。 そのときから小さな藩である丸海藩はおかしなことが立て続け.... ...続きを見る
AMIの好きなもの
2005/08/11 18:54
◆本 「孤宿の人」 宮部みゆき
時代小説です。出来れば夏に読んで欲しい作品。 上巻は夏らしい因縁話で、下巻はその謎解き。 ...続きを見る
いつもの空にいつも澄月
2005/09/01 14:08
『孤宿の人』 by 宮部みゆき
書評や解説に、「悪鬼とされて流されてきた罪人加賀様が無垢な少女ほうとふれあい、心を開いていく」とか書かれているが、どこがだ?と聞きたくなる。この作品は、そんなことを書きたくてかかれたものではないだろう?見当違いも甚だしい。 主題は、誰の心にも潜む、光と闇、仏と鬼の二面性。 そしてその「鬼」がふとしたことで形を成してしまうこと、 人間というものは、あるいは他のモノに心の闇をなすり付けて「鬼」としてしまうことがある、 そういうことがこの作品全体を揺り動かし、貫いているのではないか。 ... ...続きを見る
■空蝉草紙■
2005/09/22 17:59
「心に残った宮部みゆきの短篇小説」の投稿募集の反響に大喜び
 先週の土曜日に「心に残った宮部みゆきの短篇小説」についての投稿を募集しましたところ、すぐに多数のお返事をいただくことができ、大変喜んでおります。 このニッチ企画(それなりのニーズがありながらそれに対応する取り組みがこれまでなかった隙間企画という意味で... ...続きを見る
ポンコツ山のタヌキの便り
2005/10/01 17:19
「心に残った宮部みゆきの短篇小説」の投稿募集の反響に大喜び
 先週の土曜日に「心に残った宮部みゆきの短篇小説」についての投稿を募集しましたところ、すぐに多数のお返事をいただくことができ、大変喜んでおります。 このニッチ企画(それなりのニーズがありながらそれに対応する取り組みがこれまでなかった隙間企画という意味で... ...続きを見る
ポンコツ山のタヌキの便り
2005/10/01 17:20
孤宿の人 宮部みゆき
孤宿の人 上宮部 みゆき 新人物往来社 2005-06-21by G-Tools 孤宿の人 下宮部 みゆき 新人物往来社 2005-06-21by G-Tools 好きな作家さんほど、期待しすぎて失敗する…。という経験を繰り返しているので、読む前に、期待しすぎてはいけない、と、何度も自分に言い聞かせました。 ...続きを見る
IN MY BOOK by ゆうき
2005/10/23 12:48
新人物往来社 【孤宿の人】 宮部みゆき
私は宮部みゆきファンになってから日が浅いし、宮部作品を全て読んでもいないので…… ...続きを見る
ぱんどら日記
2006/03/22 11:50
孤宿の人(上下) 宮部みゆき
孤宿の人 上 孤宿の人 下 ■やぎっちょ書評 歴史小説がすっかり板についているという全体的な印象でした。 現代小説でも宮部さんは詳細を詳しく書くけども、歴史モノって、当時の社会生活や習慣や風習を読者が知らないので、それを解説しなくちゃならないですよね。そ.... ...続きを見る
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書...
2006/08/18 13:57

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。TBさせていただきました。
(上手く送れていないかもしれません)
私もこの本、少し長いように思った部分もあります。加賀殿とほうの場面が好きでした。
ドラマ化するなら加賀殿は誰かな〜なんてキャスティング中です。
ミチ
2005/07/26 19:43
ERIさん、初めまして、やまももと申します。

 ERIさんのブログで『孤宿の人』についての的確な書評を拝見し、それ以来ずっとRSSリーダーにERIさんのブログを登録して拝見させてもらっています。

 確かに『孤宿の人』には「悪人らしい悪人は出てきません」ね。登場人物のほとんどが「自分の人生を懸命に生きる人たちばかり」であり、この時代小説には「ひとりひとりの大切な人生を押し流していく権力や政治の悲惨さ」が見事に描き出されていますね。

 ところで、ERIさんは宮部みゆきの短篇小説もいろいろ読んでおられると思いますが、私のブログ「ポンコツ山のタヌキの便り」で「心に残った宮部みゆきの短篇小説」の投稿をいま募集しております。もしこれまでに読まれた宮部みゆきの短篇で心に残った作品がありましたらぜひ投稿していただけませんでしょうか。どうかよろしくお願いいたします。
    ↓
   投稿先
 http://plaza.rakuten.co.jp/yamamomo02/diary/200509240000
やまもも
2005/09/26 22:05
ERIさん、こんばんは、やまももです。

 昨日コメントを差し上げ、私のブログ「ポンコツ山のタヌキの便り」での「心に残った宮部みゆきの短篇小説」投稿の件でお誘いいたしましたが、ご丁寧なお返事を当方のブログにいただき本当にありがとうございました。

 しかし、突然のことで、「う〜ん、いくつかは浮かぶのですが、すぐには決められない・・。ちょっと作品をひっくり返して考えます。少々お待ちを・・」と書いておられますね。大変恐縮しております。いつでも構いませんので、お暇なときに投稿していただけたらありがたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。
やまもも
2005/09/27 19:35
こちらこそ丁寧なお返事、どうもありがとうございます。
こういうのに悩むのは、大好きなんです。また宮部さんの作品は粒揃いですからねえ。ひっくり返していたら、ついはまってしまうんですよ(笑)
また楽しい短編書いてほしいですね。切に思います。
ERI
2005/09/27 21:02

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

孤宿の人 宮部みゆき 新人物往来社 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる