おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 輝ける闇 開高健 新潮社

<<   作成日時 : 2005/08/15 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

画像
今日は終戦記念日です。
この時期になると、毎年戦争の特別番組が放送されたりするのですが、正直「戦争」というものをどんな風にとらえればいいのか、私にはわからない。それは開高健のいう「多頭の蛇」のようなもので、「どれほど切られても再生して人を咬む」ようなものなのかもしれません。

でも、毎年この時期になるとこの小説を取り出して読むことが多いです。開高健がベトナム戦争の従軍記者として戦地に赴き、体験した様々なことをぎゅっと絞ってエッセンスにしたようなこの小説。初めて読んだときは、その
重厚さに押しつぶされそうになったものでした。

ベトナムという土地の豊饒な美しさ。そこで繰り広げられるなんのための戦いかわからない「戦争」。開高の冷徹な観察眼は、そのすべてを克明に描き出していきます。その「民主主義」という名のもとに押し寄せてくる「アメリカ」という国の本質。それは、開高健がそのときに予言したとおりに、今も中東でやはり繰り返されているなあ、と。この本の初版は、昭和43年。30年以上もたっているのに、やはり世界は変わらない。変わらないんだ、というところをよく噛み締めないといかんのでしょう。

開高健は、圧倒的な知識と行動力と繊細さを兼ね備えた、裸の眼を持つ巨人だった。彼の残してくれた作品を、大切に読み返していきたい、と思います。そして、ぜひ若い人にも読んでもらいたい。今、こんな風に「小説」という形でえぐりとった真実を、骨太に伝えてくれる作家は少なくなってしまった。もちろん小説家は机の上で旅をすることができる。でも、自分で見た山のような現実を絞って絞って芳醇な酒にしたような彼の小説から、わたしはたくさんの事を教えてもらい、一緒に旅をしました。彼と新しい旅がもうできないのが残念です。

おいしい本箱へ → http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000492
キーワード「戦争」の本→ http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000047
                 http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000093
                 http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000094
                 http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000148
                 http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000161
                 http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000363
                 http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000417

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「輝ける闇 開高健 新潮社」について
「輝ける闇 開高健 新潮社」について 開高さんには、高校時代に母校に講演でいらっしゃった時にお会いしました。お話の内容は忘れたのですが、かっこいい帽子をかぶっておられました。廊下で会釈したら、にっこりされていたことを覚えています。 ...続きを見る
花織ちゃぶ
2005/08/16 14:50
開高健「輝ける闇」(新潮社・開高健全集第6巻から)
 開高健「輝ける闇」を読了。実は、開高氏の小説を読むのはこの作品が初めてである。随分昔に「オーパ!」を文庫で読んだことがあるだけなので、開高氏イコール「釣り」というイメージしかなかった。 ...続きを見る
本の虫
2007/02/01 11:01

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ERIさん、TB&コメントありがとうございます。
今のイラクでのアメリカの愚行を思うと、開高氏のようなアプローチが必要なんだと思います。
本の虫
2007/02/13 14:08
こちらこそコメントありがとうございます。
ほんとに、今開高氏が生きておられたら、なんと言いはるやろう、と考えることが多くなりました。時代に流されない裸の目を持ちたいものですよね・・。
ERI
2007/02/17 07:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

輝ける闇 開高健 新潮社 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる