おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 「【趣味本】 中学生からの職人塾/伊藤建男」について

<<   作成日時 : 2005/08/15 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像
【趣味本】 中学生からの職人塾/伊藤建男」について

大阪生活、ときどき本。のしゅんさんに、この本を、おいしい本箱からとりあげていただきました。

「おいしい本箱」からこの本に出会ってもらえて、ほんとに嬉しいです。
私もこの本にはウズっとするものがありますねえ。
私は文楽という伝統芸能が好きで、学生時代にはすべての公演を
見にいったものです。その文楽も、数多くの伝統工芸に支えられて
いるわけで、彼らがいなくなったらどうなるのか、と寒い思いがします。
個人的には、これからの若い人たちの一つの生き方のヒントがこのあたり
にある、とも思うのですが。息子に「文楽の太夫にならへん?」と勧誘?
したのですが、却下されました。残念。

おいしい本箱へ → http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000364

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【趣味本】 中学生からの職人塾/伊藤建男
中学生からの職人塾posted with amazlet at 05.08.11伊藤 建男/武山 まき リヨン社 (2005/06)Amazon.co.jp で詳細を見る ...続きを見る
大阪生活、ときどき本。
2005/08/21 10:14

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ERIさん、こんにちは。
夏休みのため、お返事ちょっと遅くなりました。

我が家もひそかに息子に職人道を吹き込もうかと!?笑
確かに生きるヒントのようなものがある気がします。
今朝の「がっちりマンデー」(TBS系列 7:30〜8:00)という
番組でも日本の伝統が様々なところで活かされているという
特集をやっていました。

こういうのを観ていると、「僕も何かしたい!」とさらに
思ってしまうものですね。そろそろ動きたいなあ。笑
しゅん
2005/08/21 10:19
この本を読んでいると、日本の文化がどれだけ多様性に満ちているかがわかりますよね。この「多様性」というのが、今とても大切なんじゃないかと・・。いろんな職業があって、物をつくる誇りをもって生きるって、いいなあと思います。
ERI
2005/08/21 23:16
Made in Japan万歳です!
しゅん
2005/08/22 22:10
Made in Japan万歳です!
しゅん
2005/08/22 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

「【趣味本】 中学生からの職人塾/伊藤建男」について おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる