おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎 新潮社

<<   作成日時 : 2008/01/17 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 3

画像
伊坂氏の久々の長編。物語を読む楽しみ、
たっぷり体感させて頂きました。力作です。
面白かった・・。ずっとドキドキしながら
読んでおりました。時々頁から目をあげると、
うちの猫が気持ちよさげに昼寝しておりまして。
どっぷりこの物語の緊張感にはまっていると、
そんな光景もとても大切に思えてきたりしました。

主人公の青柳雅春の、逃亡の二日間の物語。
パレードの途中で、いきなりヘリ爆弾で暗殺されてしまった首相。
その犯人に、いきなりさせられてしまった雅春。
どうやら、それは前々から計画されていたことであり、雅春はマスコミを
利用した陽動作戦に巻き込まれ、濡れ衣を着せられてしまう。
特殊警察らしき男たちに終われながら四面楚歌に見える雅春だが
昔の仲間たちや、同僚たち・・心を通じ合う人たちが、影からそっと
彼に手をさしのべていく・・。果たして彼は生き延びることが、できるのか。

逃亡の二日間。その二日間に、彼の送ってきた過去と、これからの未来と、
それから今が、見事な伏線とともに、ぎゅっと密度濃く詰まっています。
それが真実かどうかもはっきりしないまま、どんどん情報を垂れ流すマスコミ。
それは・・雅春が犯人であったほうが、今、面白いから。それだけ。
こんなことが・・実際にありましたね。松本サリン事件のときに。
勝手に一人歩きしていく犯人像と、現実の雅春とのギャップに気づくのは
昔の仲間と、一緒に働いた同僚。その一人ひとりと、雅春が交し合う
信頼を描き出す、過去のあれこれが、とてものどかで笑えてしまうんですよね。
そのエピソードが、きちんと現在を支える伏線になっているところ、さすがです。
伏線の伊坂の面目躍如ですわ。

今回のこの作品で伊坂氏が一番書きたかったセリフは「人間の最大の武器は
信頼なんだ」ですね。ほんとに、友達づきあいって、他愛もないことで笑いあったり
くだらないことを、一緒にしたり、一緒に困った状況に陥ったり、そんなに特別じゃ
ないことの積み重ねで出来上がってる。でも、そんな小さなことの端々に感じる
空気や、共感が、少しずつ「信頼」を培っていくんですよね。
雅春が、この、回り中敵だらけの状況に陥りながらも、たった一筋希望を見出す
ことができるのは、その仲間と、周りの人たちと培った信頼があるから。
そして一番カッコよかったのは、やはり、雅春のお父さんの、絶対的な子どもに対する信頼。

「いいか。俺は信じたいんじゃない。知ってんだよ。俺は知ってんだ。あいつは
犯人じゃねえよ」

ここで泣いてしまったのは、児島さんだけじゃない(笑)
こんなにハラハラドキドキして、背筋がちりちりするスリルも味わえて、
しかも読み終わったあと、「人って・・捨てたもんじゃないよな」って思えたり
するなんて、伊坂氏、最高。ほんと、「よくできました」って花丸を差し上げたい
くらいですわ。これは、伊坂ファンなら、見逃せない・・いや、ファンじゃなくても
とってもとっても面白いので、ぜひぜひご一読なさることをオススメします。

おいしい本箱  http://www.oishiihonbako.jp/index_f.php




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
伊坂幸太郎【ゴールデンスランバー】
仙台の市街地で凱旋パレード中の金田首相が暗殺された。まもなく警察は容疑者を割り出し、マスコミを通じて公表した。 ...続きを見る
ぱんどらの本箱
2008/01/18 11:10
『ゴールデンスランバー』 伊坂光太郎
ゴールデンスランバーposted with amazlet on 08.02.0 ...続きを見る
Roko's Favorite Thin...
2008/02/03 22:53
「ゴールデンスランバー」映像にした面白そう
「ゴールデンスランバー」★★★ 伊坂幸太郎著 ...続きを見る
soramove
2008/06/09 23:25
ゴールデンスランバー<伊坂幸太郎>−(本:2009年読了)−
ゴールデンスランバークチコミを見る ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2009/10/24 16:14
「自分なら逃げ切れるか?耐えられるか?」 伊坂幸太郎/ゴールデンスランバー
 今、伊坂幸太郎の『ゴールデンスランバー』を読み終えました。 ...続きを見る
波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOO...
2012/07/03 21:47
小説 ゴールデンスランバー
映画のゴールデンスランバーを鑑賞してなかなか面白かったので、伊坂幸太郎の原作小説も購入して読んでみました。まあ、‘み’は伊坂幸太郎って名前程度しか知らず、他の著書を読 ... ...続きを見る
VAIOちゃんのよもやまブログ
2013/01/17 21:18

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ERIさん☆期待以上の面白さでした!
全部読み終わってから第三部を読み返してみましたか?
ここにも伏線が張ってあったのにはは、恐れ入ってしまいました。
青柳くんのお父さんカッコよかったですね!
信頼って本当に大事なことなんだなぁって思いました。
Roko
2008/02/03 23:02
ご無沙汰しております。

以前の記事にすみません。
遅ればせながら、先日初めて読み、とてもいいなあと思い、ブログ記事を書きました。
「おお!」って思う箇所がたくさんあって、
「さすがだなあ」って思いました!

トラックバックさせていただきました。
よろしくお願いします。
波野井露楠
2012/07/03 22:00
>波野伊露楠さん
この本、良かったですよね。と言っても読んでから日が経っているので、細部はちょっとうろ覚えなんですが(汗)
私は、伊坂氏のヒューマニズムの在り方が好きなんです。自分の目で見たこと、自分で感じたことを大切にすること。おおきな声に惑わされないこと。開高健が、その昔「小説というのは小さい話だ。だからこそ書けることがある」というようなことを言っておられて、その意味が当時はよくわからななったんですよ。でも、伊坂氏の本を読んでいると、しばしばその言葉を思い出します。共感や信頼は小さなことの積み重ねから生まれます。小さな人間が持っているかけがえのないものをこんなふうに描いてもらうことで、私は、早い流れの中で、自分の脚で立つ手掛かりが貰えるように思ったりします。TBしましたよ!確認してみてください。
ERI
2012/07/04 00:47

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎 新潮社 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる