おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS とびらをあければ魔法の時間 朽木祥 ポプラ社

<<   作成日時 : 2009/07/24 16:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

画像この物語の中には、ふわっと優しい時間が
流れていました。うん、私が昔から、ほしいな・・と
思っていた時間が、ここにあったような。
そんな気持ちにさせてもらいました。

主人公の「わたし」は、バイオリンを習っています。
ところが、ここのところ、同じ曲でずっとひっかかっている。
うまくいかない・・。練習しても、犬のトトが耳を押さえて
うずくまってしまうくらい。憂鬱になってしまった「わたし」は、
お稽古をさぼってしまう。降りだした雨のせいで、
あたりはすっかり、薄暗い「すずめいろどき」。
その魔法にかかったように、「わたし」の前に「すずめいろ堂」という
お店が現れる。そこには陶製のおしゃれな犬がいて、
たくさんの不思議な本が詰まってる・・・。

音楽のお稽古って、大変です。
ピアノ、バイオリン・・。はっきり言って、それらを弾くことが
「楽しい」にいきつくまでに、たくさん壁をこえなきゃいけない。
自分がピアノを習いたくて仕方なくて、でも出来なかったせいか、
つい、息子二人にピアノを習わせてしまった過去がありますが(笑)
「続ける」ということの大変さを、痛感しましたね。
好きで始めたことでも、どうしても上手くいかないことがある。
他人と比べて、「ダメだ・・」と落ち込んでしまうこともある。
長い人生の中で、果てしなく繰り返す、そんな思いの第一歩を
こんな風に、優しく包んでくれる場所があったら、ほんとにいいなと
思います。ほんとは、自分がそんな場所になれたら良かったん
だろうなあ・・と思いますが。

☆のように、いそがず
☆のように、やすまず


ゲーテの言葉だそう。
うん。シンプルだけど、とっても大事なことですね。

小さな時から私には一つの妄想があって(笑)
どこかに、完全に一人になれて、自分の好きな本と、音楽があって
こことは違う時間が流れてる場所が、あったらいいなあ・・と
その場所の細かい部分を時々思い描いてうっとりするんですが、
この「すずめいろ堂」は、かなりその理想の場所に近いです。
陶製の犬がいる・・・というのも、いい。
アンの家、グリーン・ゲイブルスにあるゴグとマゴグに、私はずっと
憧れていたので、そこでまずテンションあがりました(笑)

朽木さんの物語は、いつも内容がみっちり詰まっていて、
密度が濃いのですが、今回は、一筆書きのようにふわっとした
味わいです。「すずめいろどき」という言葉は、ぜひどこかで
使ってみたい。夕暮れ時の一瞬、心がどこかに飛び立ちかける、
あの時間にぴったりじゃありませんか。
夕暮れの秘密の時間。自分が、この「わたし」のころに、この物語に
出会いたかったな・・。そんな気がする、初めて読んだのに、
どこか懐かしい気分になる物語でした。
挿絵も、とっても可愛いです。特に、陶製のワンちゃんが(こだわるな〜・爆)

小学校中学年くらいなら、十分自分で読めます。夏休みに、ぜひ。


おいしい本箱 http://www.oishiihonbako.jp/index_f.php

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪図書館の予約をずいぶんと待たされてやっと読めました(^-^)
ワクワクしました〜♪これは絶対に、女の子と、『元』女の子(笑)は大好きですよね
ERIさんの妄想・・・分かります♪私も小さな頃から、自分の大好きなものばかりが溢れる、自分だけの場所を夢見てましたから。。。今でも欲しいです

女の子、陶製のワンちゃん、すずめ、うさぎ、ちょうちょ・・。朽木さんが描かれる子たちが、みんな可愛くって生き生きしていて、気付いたらずっと笑顔で読んでました(*^-^*)
「すずめいろどき」と、とっても素敵な表現をされている夕暮れの時間・・。ちょっと寂しくて、切なくて・・。でもどこか安心できて・・。小さな子どもの頃に戻れたひと時でした。

陶製のワンちゃんに憧れていたERIさん。きっと可愛い少女だったんでしょうね
あぁ〜。やっぱり朽木さんの本は欲しくなってしまいます。いつでも傍に置いて抱きしめたくなりますね〜(^-^)

2009/09/19 01:10
>花ちゃん
お返事遅れてごめんなさい。コメント、ありがとう♪
うん、絶対女の子は大好きよね!(んふふ。女の子・・爆)
自分だけの場所を持つことって、大事やと思います。
たった一人、自分だけの、誰にも踏み込まれない秘密の場所。そんな場所がなかったら、きっと自分を好きになることも難しいと思う。朽木さんの物語は、読み終わったとき、そんな自分の大切な場所が、満たされるような気持ちになります。

えっと・・私が可愛い少女だったかどうかは、わからへんけど(笑)相変わらず、妄想ばっかりしていたことを告白しときます(笑)

また、こっちも更新できるようにがんばるね(*^ ^)v
ERI
2009/09/21 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

とびらをあければ魔法の時間 朽木祥 ポプラ社 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる