おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS オー!ファーザー 伊坂幸太郎 新潮社

<<   作成日時 : 2010/05/21 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

画像定番の楽しさ、というものがあります。
時代ものなんか、特にそうですよね。
役回り、物語の道筋、大体決まっていて、読者は安心して
その世界に浸る事が出来る。多少のハラハラドキドキはあるけど
主人公は決して破滅する事にはならない。
ハッピーエンドは決まっているんだから、そこまでの道筋をゆっくり
楽しめばいいんですよね。
この本も、後書きで伊坂氏が自分で書いておられるように、
伊坂氏お得意の展開が満載でした。
張り巡らされた伏線、あちこちに仕掛けられた罠が、見事に
組み合わさっていく面白さ。満喫できて、私はとても楽しめました。
ただ、まあ、改めて書くことが無い、というレビュー泣かせの作品でも
ありますねえ(笑)

この物語のキモは、タイトル通り、主人公の由紀夫に、父親が4人
いること(笑)。これが、ほんとにフツーに4人いる。
その4人の誰が生物学的にほんとの父親かはわからないままに、
母+父親4人+息子・・という組み合わせの家族。
その由紀夫が、ドッグレース場で鞄のすり替えを目撃した所から
ある事件に巻き込まれていく・・。

この、いつの間にか巻き込まれていくどうしようもなさ加減とか。
由紀夫という主人公の、飄々としたキャラ設定とか。
由紀夫とGF(?)の多恵子の会話の噛み合わなさとか。
細かいところが楽しいんですよねえ。
そして、やっぱり何より面白いのが、由紀夫と4人の父親の絡みです。
それぞれが、由紀夫を可愛がっていて、物凄く親馬鹿。
親馬鹿って、私は好きです。愛する、愛される、って簡単に言うけれど
これはなかなか難しい事です。お互い気持ちよく愛したり、愛されたりと
いう事って、ありそうで、割と無かったりする。
親子関係もしかりで、子どもが幼い頃ならまだしも、中高生くらいに
なると、お互いのエゴや、自意識や、価値観の違い、その他
何やかやで、一筋縄でいかない関係になったりします。
だからこの由紀夫と、4人の父親たちのほのぼのした親子関係を読むと
ほんと、ほっとします。
伊坂氏の作品を読むと、人間って、まだ捨てたもんじゃないわ、と思える
所が、私はとても好きなんです。この作品も、しみじみとそう思わせてくれました。

しかし、父親って得ですよねえ。これが、4人の母親なら、こうはいかない。
ほのぼの・・何か在り得ない、濃く、重いものになってしまいそうですが(笑)
でも、これは、あれですね。一人の子どもを育てるのに、やたらに母親の
責任を重要視される事にも一因があるに違いない。
だって、誰かが大きな犯罪を犯したりしたとき、必ず言われるのは母親の
子育ての仕方ですからねえ・・。たとえ、犯人が幾つになってても、です。
母としては、青息吐息ですって、ほんと。
この由紀夫の一家のように、ゆるく繋がったコミュニティで子育てできたら、
これは随分楽に違いない・・という事で、この物語の中で私が一番
羨ましかったのは、由紀夫の母親、という結論でした。
何か、変なレビューやな(笑)ま、肩の力を抜いて、楽しく読める。
そんな一冊でした(簡単にまとめすぎやろ!)
伊坂氏ファンには、堪えられない、楽しい作品。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【オー!ファーザー a family】 伊坂幸太郎 著
他の父親って何? 誰の父親のこと?  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。我が家は、六人家族で大変なんだ。そんなのは珍しくない?いや、そうじゃないんだ、母一人、子一人なのはいいとして、父親が四人もいるんだよ。しかも、みんなどこか変わっていて。俺は普通の高校生で、ごく普通に生活していたいだけなのに。そして、今回、変な事件に巻き込まれて・・・一妻多夫父親が複数いるのはいいかもしれない。ギャンブル好き、女好き、豊富な知識、運動フ... ...続きを見る
じゅずじの旦那
2010/10/15 10:42
『オー!ファーザー』/伊坂幸太郎 ○
ちょっとできのいい、普通の高校生・由紀夫。母一人子一人だが、ちょっとそれ以外が複雑(笑)な家庭。 そんな彼が巻き込まれた複雑?な事件の顛末。いやぁ、伊坂幸太郎さんらしい、あちこちに広がる事件、怒涛の伏線回収が爽快な物語でした。久し振りに大変楽しかったですよぅ! タイトルの『オー!ファーザー』に♪(音符記号)をつけたくなるくらいに、ね。 ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2011/08/23 22:31

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ERIさん、こんばんは(^^)。
1人の夫でも大変なのに、4人の夫は・・・私には無理ですな〜(^_^;)。もちろん、4人の父親も(笑)。
由紀夫のお母さんは凄いと思います!
家族愛、夫婦愛、友人との友情(愛に似たもの)・・・いろんな愛が詰まった、良い物語だったと思います。もちろん、伊坂さんらしい展開、伏線、すごく楽しめましたしね♪
水無月・R
2011/08/23 22:42
>水無月・Rさん
確かに、4人の夫・・はなかなか大変かも(笑)でも、この夫たちは、手がかからないタイプのような・・いや、お母さんに飼いならされているんでしょうか?だとしたら、確かに凄いですよねえ。尊敬です(^◇^)
伊坂さんらしい作品で、ほんと楽しく読めた一冊でした。
ERI
2011/08/25 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

オー!ファーザー 伊坂幸太郎 新潮社 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる