おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノの森 19 一色まこと

<<   作成日時 : 2010/11/26 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
先日、「ジュネーブ国際音楽コンクール」で
日本人初の優勝者が出たというニュースを見ました。
萩原麻未さんという、若い女性の方が成し遂げた快挙。
そのニュース映像を見たのですが、自分の名前を
告げられた時、ほんとに思いがけない、という顔を
してはったのが印象的でした。
演奏してはる所が、少しテレビに映ったんですが。
その時、手首に何か巻いておられたので、
「ブレスレットかな?」と思ったんですが、形が何やら
変なんです。よーく見ると、ゴムでした。
それも、自分で長いのをカットして、
きゅっと括っただけの、ごくごく庶民的な、
髪を括るための、黒いゴムです。それを、
手首につけたまんま、決勝の演奏をしてはったんですよねえ。
それを見た時、理由はよくわからねど、この萩原さんという女性が、
とっても好きになりました。
大きな音楽コンクールで優勝する、という事が、どんなに大変なことか。
想像するだけで、くらくらしますが、心の底からピアノが好き、という事が
当たり前のようで、きっと一番大切なことなんだろうなあと思います。

えらく前置きが長くなりましたが、やっぱり、音楽を、ピアノを、
ひたすら愛しているカイの第二次審査の舞台・・読んでいて
うっとりしました。そこだけ、何回読み返したか(笑)
カイの演奏は耳に聞こえないけれど、聞こえないだけに、
想像の音が凄いことになっていて、何回読んでもドキドキします。
聞こえない「音」を読者に聞かせながら、コンクールの緊張感を
盛り上げていく。これって、すごい事ですねえ。
これからの本選が、楽しみで楽しみで仕方ない感じ。
カイの、本気で勝ちにいく決意がほの見えて、また期待でいっぱい。
大きくなってから、えらく優等生なカイですが、本選の一筋縄では
いかないメンバー達に揉まれて、どんな変化を遂げるのかも、
楽しみです。私は、幼い頃の、きかん気なカイが、好きなんですよ。
自分のピアノを追えば追うほど、カイは「森」に帰っていく。
つまり、幼い頃の自分に出会い続けるわけで、そのカイがどんな演奏を
本選で繰り広げるのか・・・興味は尽きません。

まだ読んでいない人もいらっしゃるだろうし、ネタばれは避けたいんですが、
雨宮くんが・・ちょっと意外でした。うーん・・・。
次の巻は、彼をめぐるあれこれなのかもしれないな。
ああ。早く、次が読みたいなあ・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

ピアノの森 19 一色まこと おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる