おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS そろえてちょうだい?2 いくえみ綾 祥伝社

<<   作成日時 : 2012/05/06 01:32   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像萌え萌えの猫との蜜月記でございます。もうもう、とってもかわゆい!!いくえみさんの猫マンガは、一番ツボをついてきます。この甘甘っぷり(笑)一緒や〜!

いくえみさんちは、猫が生活の中心。いやー、むっちゃわかる。そして、猫がいくえみさんの後をついてまわるのも一緒。うちも、猫が私のあとをついてまわります。今も横でころりんころりんしてる。私も、猫たちに絶対的に甘い。夫に「猫は甘やかされてナンボやから」といつも口癖のように言うて「ほんまかいな」と呆れられてます。

人間のゴハンはお金をけちるけど、猫のゴハンは高いのを買う。ちょっとでも何かあると、すぐに医者に走る。お猫さまが寝ている時は、絶対にそのお邪魔はしない。出かけると、ついペットショップに寄って、猫のおもちゃを買いたくなる。人が聞いたら、馬鹿丸出しの幼児言葉で、猫に話しかける。ヘンな猫替え歌を作って、歌ってきかせる(笑)・・・ああ、一緒。この猫替え歌は、つい仕事してるときも口から出そうになって「危なっ!」と思います(笑)絶対ヘンなやつだと思われる。うちの子はぴいすけなんで・・・。「ぴったん、ぴったん、ぴっぴったん〜♪」とか歌ってます。うん、頭おかしい(笑)

猫さんと暮らしている醍醐味っていうのは、甘やかして甘やかして、にまにまと笑顔で寝たり、遊んだりして頂く(なぜか人間が下手・・爆)ことに尽きるような気がします。あなたが幸せだから、私も幸せ・・っていう、ほんとにただそれだけ。いくえみさんの献身ぶりは、猫好きとしてはフツーだと思うんですが(ほんまか!)ブンてんやきなこちゃんが、写真以上に可愛く可愛く描かれているのは、まさにいくえみさんの愛だと思います。我が子のようなもの・・しかも、人間の子は、大きくなると、非常にあれこれややこしいことが生まれてきますが、猫さんは、そんなことは全くなくて。長い間一緒に暮らせば暮らすほど、甘えたになってくるという、母性をくすぐりまくる存在でございます。うちも、今年の初めに、私がくうちゃんを拾って、2匹飼いになったのですが、やっぱり猫としての甘えたぶりは、長年共に暮らしているぴいすけの方がハート直撃でとっても上手。まだまだやんちゃ盛りのくうちゃんは、甘えるより遊ぶ方に忙しい。でも、それもまた可愛いんですよねえ・・・。ラストの方で、またいくえみさんちに猫が増えてるんですが、その時のブンてんのすねっぷりとか、新しい子の傍若無人ぶりとかが、今年はじめのうちの家と重なって爆笑でした。うちのくうちゃんも、エリザベスカラーつけたまんま、走り回ってたもんなあ(笑)

暖房の工事で、職人さんがぎょうさん家の中に入ってきたときに、きなこちゃんの姿が見えなくなって、いくえみさんが焦りまくったエピソードが出てきます。ああ・・この心配はもう、震えるほどわかります。いなくなってしまったらどうしよう。そう思っただけで、胸が苦しくなる。涙目になる。この冬、病気をしたせいで長らく外にぴいすけを出さずにいて・・そしたら、もう、恐くてお外に出せなくなってしまった。家にいてくれる。いつも、傍にいてくれるのが、こんなに安心だとわかってしまったら、恐さを押して外出させるのが、どうしても出来ない。可哀想に、ずっと家に閉じ込めです。でも、もう出せない・・。ぴっさんは外で遊びたい、それはわかってる。ごめんね、と思う。でも、車に轢かれたら・・誰かに連れていかれたら。怪我したら、迷子になったら・・想像するだけで気持ちが真っ黒になってしまうんですよねえ。だから、余計に家の中で甘やかしてしまいます。せめて、私の傍にいて幸せだと想って欲しいから。きなこちゃんが、外で出てなくて、良かった。もう、いくえみさんと一緒に涙目になってしまいました。

いくえみさんの猫バカ話、大好きなんで、これからもどんどん突き進んで頂きたい。
うふふ。うちの猫さんの画像も一緒にあげちゃいますよ!サービス、サービス。(誰にやねん!)


画像


画像


2012年4月発行
祥伝社

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

そろえてちょうだい?2 いくえみ綾 祥伝社 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる