使命と魂のリミット 東野圭吾 新潮社

画像この本、図書館でも大人気で、けっこう予約待ちました。
東野さんは、コンスタントに常に愛されてるなあ。
幸せな作家さんやと思います。

一人前の医師をめざす、研修医の夕紀。しかし、心臓外科に勤務する
彼女の心中は複雑だった。指導する立場の西園医師は、かって自分の父親の
心臓手術の執刀医。しかも、その手術は失敗に終わり、そのあと、西園医師と
自分の母親が、恋愛関係にあるからなのだ。心の中の疑問を確かめたいと
医師を目指してきた、夕紀。しかし、真実はわからないまま、母と西園の結婚の
話が進む。一方、恋人を事故でなくした男、譲治が、夕紀の勤める病院に、ある
目的で近づき、ある計画を進める・・・。その二つの思いがぶつかった、ある人物の
手術の日。緊迫の一日が始まる・・。

夕紀が西園に抱く、疑惑。そして、譲治が企てる、復讐のためのあれこれ。
その捜査にやってきた、七尾という刑事から明かされる、夕紀の父親の過去。
その過去と、西園の繋がり・・・。たくさんの糸をうまくからめながら
緊迫の状況に持っていく、その手腕はさすがです。読んでいてわかりやすく、
文章も的確なので、まさにドラマを見ているかのように、全てが動いてくのを
追う快感があります。医療、という命を預かる現場の大変さも、よくわかる。
医療という現場は、その仕事に携わる人の使命が、一番問われる場所。
命を直接扱う、心臓外科という分野なら、なおさらのことでしょう。
しかし、そういう風に直接命に関わっていなくても、自分が人生で、果たす使命
の重さは、きっと同じ・・・。

「救命士も医師も最善を尽くそうとした。自分の使命を果たそうとした。
彼等にそうさせなかったのは、じつはたった一人の老人が自分の使命を
忘れたからなのだ」

この一行が、重いですね。
物語は非常にきれいに収束します。いや、うまくまとめはったよね、と
思うんですが。「ラストシーンの東野」(勝手に私が言ってるだけですが。)にしては
ちょっときれい過ぎるか。予定調和、という単語が胸をよぎりましたが・・。
読後感のよさを思うと、まあこれでいいのかと思いつつ。
東野さんだからやんなあ。もう一つ、と期待してしまうのは。
なんか、全体的に「フツー」なんですわ。悪くないねんけどな。
・・・こうやって、読者は果てしなく欲張りになっていく(爆)
ただ、ずっと迷いの中にあった夕紀が、最後、医者としての自覚と責任を
しっかり手にする、その決意は素敵でした。やっぱりね、お医者さんはこうあって
ほしいと、願ってしまいますよね。私達は命を預けるしかないんだもの。
「医は仁術」・・ふるいですか。でも、真実ですよね・・。


おいしい本箱 http://www.oishiihonbako.jp/index_f.php





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

藍色
2007年01月27日 14:53
緊迫感いっぱいのタイムリミットサスペンスでした。犯人の用意周到ぶりと、七尾刑事の説得力にも読み応えがありました。東野さんがかなり好きな人は、もっとできるはずと言い、最後に読者を裏切る展開もありとは思いますが、この場合はこれでよかった気がします。夕紀の“決意と心のリセット”…素敵でした。
ふらっと
2007年01月27日 20:03
読み進むほどに、緊張感が高まって
西園と健介の七尾から西園と健介の関係を聞いたときには
どうなることかと思いました。
東野作品に対する期待度は高いので、ちょっとラストのひねりが足りな目?という気もしてしまいますけれど、前向きな終わり方でよかったのかもしれませんね。
2007年01月27日 23:35
>藍色さん
七尾刑事は、凄かったですね。病院への脅迫、という固定観念からああやって抜け出せたのは、彼もまたちょっと警察機構からはみ出しているからかもしれません。私なら、まず思いつかない・・(汗)東野さん、ということで私も過剰な期待を抱いてしまった一人ですね、きっと。つい、非凡さを求めてしまう。でも、「使命」というテーマを思うと、これでよかったのかもしれません。夕紀は、いい医者になれると思います。
2007年01月27日 23:41
>ふらっとさん
あそこまで状況証拠を突きつけられたら、夕紀だって、そりゃ疑いますよねえ・・。その疑惑を、ああいう形で晴らせたのは、彼女にとってベストの形でしたね。「使命」って、なんだろうな。と思いつつ・・・。
こうやって目に見える使命もあれば、日ごろは埋もれて見えない使命もある。
その見えない部分で、きちんと使命を果たしていくのが「誠意」ってもんなんですよね。それが自分もできているのか、とふと考えました。どうも、それは怪しい・・(爆)ラスト、私ももう一つ何かほしかったりしましたが、読後感を考えると、あれでもよかったのかもしれません。
モンガ
2007年01月28日 00:15
こんばんは、ERIさん。
東野作品を、そう多く読んでないんであまり言えないんですが、奥深い闇に包まれている人間形成の部分が今回はないような気がしました。何か、ドラマ自立てみたいでした。
juzji
2007年02月04日 14:35
こんにちは。
遅ればせながら…
疑問-疑惑-確信、と先入観が重くのしかかる背景がうまいですねぇ。
物足りなさもありましたけど、そこはハッピイエンドということで、眼をつむりましょうか。
素直に面白かったです。
2007年02月04日 23:54
>juzjiさん
最近ハッピーエンドに、ほっとする自分がおります。
だんだん悲劇より、そっちの心が動くのは、歳かしらん(汗)
2007年08月15日 23:33
ERIさん、こんばんは(^^)。
TB&コメント、ありがとうございました!
コメント付けたつもりでいました…TBだけイキナリで、大変失礼いたしました~m(__)m。
そうそう、ERIさんのおっしゃるように「読者は果てしなく欲張りになっていく」のであります(笑)。
東野作品、ほかにも読みたい作品があるので、そちらも期待感全開だったりします。
ERI
2007年08月18日 01:16
>水無月・Rさん
こんばんは!!
東野さんやと、もう、つい面白いことが前提になってしまうんですよね。これって作家にとっては大変やけど、ある意味凄いことやと思います。