ほかならぬ人へ 白石一文 祥伝社

画像直木賞受賞されましたね。
私が今読んだのは、予約の順番待ちの結果ですが。
中編二つを、一気に読ませてしまう筆力はなかなかです。

「ほかならぬ人へ」「かけがえのない人へ」の2篇。
人生で、自分のベストの人に出会うという事を
テーマにした物語。
「ベスト」というのも色々あって・・。
例えば、「顔がむっちゃ好みなの」「性格がいいから」
「優しい」「お金持ち」「家庭的」など、現世利益的な(笑)
ベストも、もちろん大事なんでしょうが。
この物語で白石さんが書きたかった「ベスト」というのは、
魂の半分・・というか、「理由は定かではないけれども、
自分にとってはこの人でなくてはならない」という、
抜き差しならないベスト、何だと思う。

「ほかならぬ人へ」の主人公は男性。
恵まれた一族の中で、劣等感を持ち続けた男性・宇津木の物語。
親の決めた相手ではなく、恋愛して結婚した妻のなずなは、
昔の男と切れてはいなかった。それでも、なずなを想いきれない
宇津木は、彼女とやり直そうとするが・・。
という、ある意味どろどろの展開は、一歩間違えると昼メロのような
安っぽさに落ちかねない感じなのだけれど。この宇津木、という男の
誠実さと、その宇津木を影から支える、女性上司の東海の人間的な
魅力がきっちりと書き込まれていて、読ませます。
何というか・・この世の理不尽はたくさんあるけれども、
誰を好きになって、「この人じゃなくては」と思うのも、一つの理不尽なんですよね。
なずなが、周りをどれだけ傷つけても、昔の男と別れられないのも、
なずな自身にもどうしようも出来なかった事なんでしょう。
それに巻き込まれてしまった宇津木は、いわば理不尽な災難に
巻き込まれたようなもんです。でも、宇津木のいい所は、そんな理不尽にも
やけにならなかった所。それは、きっと東海という女性のおかげでも
あるんですが。

宇津木という男・・いい男じゃありませんか。
お金にも頭にも恵まれた一族の中で、平凡に生まれた彼は、非常に
コンプレックスを持って大人になったらしいんですが、その一族に頼らず、
自分で就職も決め、結婚も自分の意志で決め、自分の足で歩いている。
なずなに手ひどく裏切られても、どろどろの過去を知っても、傷ついた
なずなを、もう一度受け入れたいと願う。
劣等感を抱えている宇津木は、常に自分以外の人間に対して謙虚なんだな。
だから、病と闘い、大事な人との別れを体験し、それでも必死で働いて
前を向いて生きる東海が、自分のベストの相手だと、ちゃんと気づくことが出来た。
たとえ、彼女が人にブスと言われても、病を持っていて、いつ再発するか
わからなくても、彼女と、もう一度人生を生きることを選ぶ事が出来た。
宇津木がいつも東海から感じていた、とてつもなくいい匂いは、もしかしたら
宇津木にしか感じないものだったかもしれない。
再び宇津木を襲った理不尽の中で、その香りが残すほかならぬ人の
気配が、美しかった。

そして、「かけがえない人へ」は、「ほかならぬ人へ」の陰画jのような物語。
この主人公のみはるは、まさに、「ほかならぬ人へ」のなずなのような女。
婚約者がいながら、昔不倫関係にあった上司と、関係を持ち続けるみはる。
激しいセックスで繋がっている黒木は、「結婚」には向かない男。
家庭的な安定や、おだやかさとは程遠い。だから、みはるは、安全な男と
結婚しようとする。でも、自分が婚約者に全く惹かれていないのは、
わかっている。二重生活を続けるうちに、会社は業績悪化による嵐が吹き荒れ
主流派でない黒木は、辞表を提出して会社をやめてしまう。
結婚前夜。みはるは、自分の人生をかけて、もう一度黒木のもとを訪ねるが、
黒木の部屋はもぬけの殻。みはるは呆然とする・・。

物語はここで終わるんですが、私の予想するところ、みはるは絶対
黒木を探し出そうとするでしょうね。
そして、なずなのように、どんな修羅場になっても、結局離れられないでしょう。
縄なんかを使ってセックスする荒々しさの一方で、いつもリュックに猫の餌を
入れていたり。みはるの誕生日に、彼女が来るかどうかもわからないのに、
ひっそりとケーキだけ買ってあったり。
落差や、ギャップに、女は弱いからなあ~(笑)
この、ほろっとさせられる瞬間が、うまく描かれていて、けっこう実感ありました。
みはるは、自分のベストの相手と出会っていた。
付き合ってもいた。でも、世間体とか、安全、とかいう意識がじゃまして
その相手の手を離してしまった・・・。
こんな風に、いなくなられてしまう事で、みはるにとって黒木は永遠の男に
なってしまった。もう、手に入らない。これほどの刻印は、ないですよ。
黒木、うまい!!と、思わず褒めてしまいました。

白石さんの物語は、そこはかとなく、やくざテイストなんですよね。
それが、読んでいて、気恥ずかしい事もあったような気がするんですが。
演歌にほろっとしてしまった自分が、ちょっと「え?」みたいな(笑)
どうして、人は誰かを好きになるのか。
その、何とも答えようがない命題に、切りこんでいこうとする強い想いを
感じました。直木賞、おめでとうございました。
なんて言うのは、ほんとに今さらですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント