白い月の丘で 濱野京子 角川書店 銀のさじシリーズ

画像濱野さんの新作、楽しみにしてました。『碧空の果てに』の続編とも言えるファンタジーです。『碧空の果てに』も、魅力的なラブロマンスでしたが、この作品も、素敵でした。柔らかく息づく若い心を、奥深い異国の背景に乗せて描く、魅力あふれる一冊でした。

トール国の鞋を作る職人の娘・マーリィは、笛の名手。アインスに滅ぼされ、音楽を禁じられた中で、トールの音楽を途切れさせまいと練習にはげんでいる。その彼女のもとには、身分を隠してアインスの王子・カリオルが笛を習いに通ってきている。ある日、彼女の元に、トールの元王子、シーハン公国に脱出していたハジュンが帰ってくる。アインスの支配下で苦しい生活を強いられている故郷の在り様に胸を痛めながらも、王という存在がなく、民主的な政治が行われているシーハン公国で新しい価値観を身に付けたハジュン。アインスに反乱をおこそうとしている一派に、王子として復帰を熱望されるが、自らの王子という生まれに縛られたくないと想う。
幼馴染のマーリィとハジュン。そして、カリオル。それぞれの恋心は燃え上がっていくが、難しい状況の中で、彼らの想いは踏みにじられていく・・・。

物語の軸の一つは若い二人の恋。二人の王子に愛される少女、という何ともロマンチックな設定です。しかし、支配するものとされるものを生む地続きの国同士の争いの中で、「王子」という運命に生まれることは、くびきと重荷を背負うこと。恋をし、愛しあうという人として当たり前のことが、その重みに潰されてしまいそうになる。その苦しみと葛藤を、青年と少女のそれぞれの立場から、歴史背景の中で瑞々しく描きあげて、「今」に強くリンクする仕上がりとなっています。
政治や、国や、時代に翻弄されながら、「より良い未来」を目指して、少しずつでも前に進もうとする力。苦しみを乗り越えて、自分らしく生きようとするその推進力に、勇気を貰えます。このしなやかな感性を湛えた物語は、きっと、今を生きる若者たちにも、強くアピールするんじゃないか。そう思います。

もう一つの軸は、音楽。マーリィの奏でる笛の音は、人の心を捉える不思議な力を持ちます。トールは、音楽に長けた民族。音楽によって、気持ちを一つにし、高揚させる術がある。だからこそ、アインスは音楽を禁止するのですが、決して人々の心から音楽が消えることはない。音楽は、心に直結しているものだから。マーリィと同じくハジュンも琴の名手。音楽が、物語のそこかしこに鳴り響きます。言葉ではなく、音で繋がる心の一部始終が、物語という言葉で語られるのは、また魅力的なもの。魅力的といえば、ハジュンに密かな恋心を抱く女形のソンボという人物が、魅惑的でいい。アインスの王弟を手玉にとる色気の持ち主でありながら、トールの独立運動に奔走し、ハジュンに密かな恋心を抱いている。叶わぬ恋、一番純粋な想いは隠したまま、したたかに振る舞う姿に、主人公よりも惹かれてしまう女子は多いかも(笑)。誰かを好きになる。それは、自分でもコントロールできないこと。国を支配することは出来ても、心は支配できない。アインスの王子であるカリオルも、マーリィの心を手に入れることは出来ないのだから。

もう一つの軸は、政治。ハジュンは、マーリィがアインスにさらわれた事件を契機に、独立運動に身を投じていきます。その中でも、ハジュンは人としての葛藤を抱えます。王子として独立運動の先頭に立つことは、古いトールのしきたりに縛られることでもある。それはただの男としてマーリィを愛したい自分、シーハン公国の人間として生きてきた自分と馴染まないこと。しかし、故国の人たちが苦しんでいるのを、ただ見ているだけではいられない。自分の役割を受け止め、奔走しながら、シーハン公国で教えられた教育や、他人と助け合って生きる力の意味を何とか生かしたいと願うハジュン。この3国、アインス、トール、シーハン公国という国の在り方を通じて、あちこちにさり気なく散りばめてある濱野さんのメッセージを感じます。男でも女でも、どんな所に生まれようとも、きちんと教育を受け、自分らしく生きるためには何が必要なのか。そして、他者と生きていく難しさも含めて、人はどうあればいいのか。ハジュンと、マーリィと、読みながらそれを考えていくのは、これもまた一つの読書の喜びです。

ハジュンとマーリィの恋は、まだまだ先の見えないところで物語はおわりますが、明るい希望を思わせて読後感は爽やかです。ハジュンの師匠が、『碧空のはてに』のヒロイン、メイリンであることは、最後に知った嬉しい驚き。ストーリーテラーとして、一作ごとに魅力を増している濱野さん。このシリーズ、いろいろと書いて欲しいなあと思います。

2011年1月発行
角川書店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント