テーマ:五十嵐貴久

パパとムスメの七日間 五十嵐貴久 朝日新聞社

よくある、と言えばよくある入れ替わりものです。 父親と、娘。娘からしたら、これほど入れ替わりたくない人も いないだろう、と言う・・。東野さんの「秘密」は、母親と娘でしたね。 あれは切ない話でしたが、これはコメディタッチで、笑えます。 高校二年生。16歳。一番父親、というのが煙たい年頃だわな。 一方、父親にとっても娘が気…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

2005年のロケットボーイズ 五十嵐貴久 双葉社

すっかり涼しくなって秋だよね、とトップのデザインを秋仕様に したのに、(写真も変更しようと思ったのに、なぜか何度やっても このバラなんです。何でかな~・・。) またまた今日は暑い!台風のせいですか? 季節に翻弄されますね。 でも、こういう熱さなら大歓迎の、アツくて楽しい青春爆発の物語 でした。五十嵐貴久さんの小説を実は初め…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more