テーマ:映画

[映画] ソハの地下水道 アグニェシュカ・ホランド監督 

ナチ政権下のポーランドで、地下水道にユダヤ人をかくまった男・ソハの物語です。原題は「IN DARKNESS」。ユダヤ人狩りが執拗に行われる地上の闇(まさに、真の闇だった・・・)から逃れて、地下水道の暗闇に隠れるユダヤ人の人たち。彼らを、金のために匿った男が、少しずつ彼らと運命共同体のような絆を作っていく物語です。 この監督の眼差し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生身の肉体と精神『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』と、『平安結祈 heianyuki』

最近の映画は、CGの多用が目立ちます。スピルバーグも言っていましたが、ほんとにCGでなんでも出来る。最近のファンタジー映画の多作ぶりは、CGの充実と無関係ではないでしょう。私はCGばりばりの映画があまり好きではありません。嘘、という感じがしてしまうんですよね。もちろん、映画は虚構の世界で、虚構であることを用いて、私たちに楽しみを与えてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルウェイの森 映画と原作

映画『ノルウェイの森』に行ってきました。 映像が非常に綺麗でしたねえ。 特に、直子とワタナベが草原を歩くシーン。 波打つ草原に吹き荒れる風が、見事な心象風景になって 二人を通り過ぎていくのがわかりました。 あのシーンだけでも見る価値がありました。 直子役の菊池凛子も、ワタナベくん役の松山ケンイチも ものすごく頑張って熱演し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Mr.Children / Split The Difference

数日前になりますが、このミスチルの ドキュメンタリーを見てきました。 若いお友達が先に見て、その話を聞いて いるうちに興味が湧いたのと、スガシカオさんが 「ファスナー」という曲をその中で桜井さんと 歌っていると聞いたので。 何の予備知識もなく、見に行ったのだけれど この映画が良かった。 ミスチルに対しては、通り一遍の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『This Is It』 マイケル・ジャクソン 

遅ればせながら、マイケル・ジャクソンの遺作となった 映画「This Is It」を見てきました。 見て良かった。素晴らしかった・・。 友達4人で見に行ってたんですが、もう、皆いきなり涙ボロボロで 「こんなに、私ら、マイケル好きやった?」っていうくらい、泣いて しまいましたよ。 映画冒頭、オーディションを勝ち抜いて(このオ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

(映画)グーグーだって猫である

先日「西の魔女が死んだ」を観にいったときに、見た予告。 アメショーのグーグーがやたらに可愛くて、はっきり言って猫見たさに 行ってきました。 いやー、グーグーが、ほんまに可愛かったです。 アメショーって、あの、ころんとした感じが、たまらんですねえ。 ぐりぐりと撫でくりまわしたくなって困りました。 映画としては・・大島弓子ワ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

映画 西の魔女が死んだ

やっとこの映画を見ました。 とても静かに、丁寧に語られる物語。 大切な事は、静かに語られるべきだと 私は思っているので この作品のおだやかな時間の流れが とても好ましかった。 非常に原作に忠実に、作ってありました。 梨木さんの、数々の心に沁みる言葉もそのままに・・。 これは、非常に難しいことだったと思います。 …
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

映画 ゆれる (DVDにて) 西川美和監督

この映画を、去年見ようと思いつつ、夏バテもありそのままにしてた んですよねえ。それから、皆様ご存知のように各賞も総なめにし、 西川監督ここにあり、って感じで。ようやっと、DVDになったのでレンタルで 拝見いたしました。いやあ・・ゆれたわ・・。 カッコよくて都会的な弟と、ガソリンスタンドを父親と経営する、地味でもてない兄。 …
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

映画 薬指の標本 小川洋子原作 ディアーヌ・ベルトラン監督

昨日の夜、「そうそう、これ、いつまでの上映だったかしらん」と HPを開くと・・。なんと、今日までじゃあありませんかあ! いや、10日まではやってるんですが、今日を逃すとレイトショーのみ。 ミナミまで行かなあかんのに、レイトショーは見られへん・・ということで 急遽いってまいりました。しかし、一週間くらいしか上映してないやん・・。 …
トラックバック:5
コメント:3

続きを読むread more

映画 カポーティ ベネット・ミラー監督 フィリップ・シーモア・ホフマン主演

ガーデンシネマで「カポーティ」を見てきました。 レディースデイだったせいか、満杯のお客さん。 地味な映画なのにな~、と関心いたしました。 この映画は、カポーティが「冷血」という、実際の殺人事件を 題材にしてした書いた、不朽の名作といわれるノン・フィクションノベルを 書いた時のことを題材にしてある。この「冷血」は、物凄い小説…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画 モリー先生との火曜日

原作がすばらしいだけに、ちょっと見るのをどうしようかと 思っていたんですが・・。 なんだか今日は自分のテンションが落ちていて、文章書くのが しんどい、という珍しい感じになってまして。 だるい気持ちを抱えつつ、このビデオを見たんですが・・。 よかった。よかったなあ。 ジャック・レモンは、モリー先生そのものだった。 遺作に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画と本 きいてほしいの、あたしのこと ケイト・ディカミロ ポプラ社

とても可愛い少女と、犬の物語。 この物語を前から読みたい、と思いつつそのままになって いたのですが、偶然このDVDを見つけて「あっ!!」と思ったので・・。 映画になっていたとは知らなかった。主演は、「チャーリーとチョコレート工場」 にも出ていたアンナソフィア・ロブ。「チョコレート工場」では、 ガムをずっとくっちゃくっちゃ咬んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ライトニング・イン・ア・ボトル マーティン・スコセッシ監督

Sちゃんに薦めてもらったので、このDVDを借りてきた・・。 ブルース、ブルース、ブルース。 ブルースですよ!! ニューヨークラジオシティ・ミュージックホールで行われた チャリティ・コンサートのドキュメンタリーです。 ミュージシャンの汗もそのままに撮りたい、という言葉 そのままの臨場感。 ブルースには詳しくないんですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画と小説 スモーク ポール・オースター 

かねてから見たい、見たいと思っていたポール・オースターの 「スモーク」を見ました。非常に小説的な映画だったかと。 説明されるのではなく、その情景やセリフから、その裏に込められて いるものを読み取る、という映画。オーギー役の、ハーヴェイ・カイテルが 非常にいいです。酸いも甘いもかみ分けた、しかもちょいと少年の気配も 残した、中年…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

映画 Ray 

遅まきながら、この映画を見て・・。 主演のジェイミー・フォックスは、やはり素晴らしいですね。 あの演技は、やはりアカデミー賞をもらってもいい(今頃何をいってるんだか) でも、何より素晴らしいのは、音楽ですね、やはり。 私はソウルの歴史についてはくわしくなないけれども、一人の天才が 時代を切り開いていくさまが、とても興味深か…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

メゾン・ド・ヒミコ 映画 

今日都会まで電車に乗って、「メゾン・ド・ヒミコ」を見てきました。 開演の40分前に着いたのに、あやうく立ち見になるところでしたよ。 危ない、危ない・・。これから見に行かれる方、ぜひ早めにお家を 出発してくださいね。人気だなあ・・。 犬童監督の前作「ジョゼと虎と魚たち」がけっこう好きだったので 出不精を押して見にいったので…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

チャーリーとチョコレート工場 映画 

今日「チャーリーとチョコレート工場」見てきました。 いやあ、面白かった!ナンセンスで原作のユニークさを 損なうことなしに映画化してあったと思います。 ジョニー・ディップは凄いなあ・・。彼の怪演(あえてこう呼ばせて いただきます。)が、この映画のシュールなナンセンスを支えて いる。ちょっとした表情や視線が小憎らしいほどうま…
トラックバック:5
コメント:5

続きを読むread more