おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ともだちは海のにおい 工藤直子/長新太 理論社

<<   作成日時 : 2005/06/04 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
初版は1984年です。去年新版が出ました。本を新版にするとき、よく挿絵などの質が落ちてがっかりすることが多いのですが、さすがは理論社。はじめのよさをそのままに、いい感じの装丁にしてあります。理論社の児童書は、装丁や絵が、とてもいい。児童書は特にそこが大切だと思います。
相手が子どもだからこそ、センスを絞って100%最上級のものを届けてほしい。神経の使われていない児童書のなんて多いことか・・。この本は、長新太さんの挿絵がとっても素敵です。工藤直子さんのやさしさに満ちた文章と、長新太さんののびやかなイラストの、見事なマッチング(今風にいうと、コラボレーション?)ですよ。

「おいしい本箱」の夏特集のために、この本をひさしぶりに読み返したのですが、いいですねえ。くじらといるかはもともとお互いに「コドク」を愛するなかまなんですよ。「ひとり」でいることの楽しさをしっている同士だから、「ふたり」になるとよりいっそう楽しいんです。違うふたりがいっしょにすごす時間はゆっくりと流れて、海のリズムと同じ。


海を前にしたときの、切ないような、帰りたいような気持ち。ずっと見ているとちょっと泣きたくなって、そばにいる人が大切に思える、そんな気持ちを思い出します。子どもも大人も、同じ気持ちで楽しめる本だと思います。

おいしい本箱へ→http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000198
長新太さんの本→http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000276
ともだちの本→http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000095
        →http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000135

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

ともだちは海のにおい 工藤直子/長新太 理論社 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる