おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS SPEED 金城一紀 角川書店

<<   作成日時 : 2005/08/21 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 7

画像
かっちょいいです、ゾンビーズ!なんだかかっこ良さが増している。映画の「フライ・ダディ・フライ」を見たせいか、舜臣が私の頭の中では岡田准一君です(爆)タイトル通り、走り抜ける彼らと同じスピードで一気読みしてしまいました。楽しみにしてたんだから、もうちょっとゆっくり読んでもいいのにね。

今回もお助けマンとして大活躍なんですが、今回助けられるのははおじさんではなくて、女子高生。あのいつもの名門女子高に通う佳奈子という女の子です。優等生で家と学校を往復するだけの大人しい生活を送っていた佳奈子なんですが、姉のように慕う家庭教師の大学生・彩子が急に大学で飛び降り自殺をしてしまう。どうしてもその死を自殺と思えない佳奈子は、真実をさぐろうとするのですが、あっという間に敵の襲撃にあってしまうんです。そこに、ジャジャ〜ン!とゾンビーズ登場。もうそのシーンの舜臣にはしびれますよ。危機に陥ったお姫様を救いに現れる騎士、とも言うべき古典的ともいえる登場の仕方なんですが、文体に疾走感があって、お話はだれません。ここから佳奈子に戦いの仕方を伝授しつつ、敵の謀略を暴くための彼らの活躍が始まります。

アギー、南方、山下、舜臣といういつものメンバーの個性が楽しい。ヒロシを失った彼らの悲しみと、新しい世界に眼を開いた佳奈子の瑞々しさが重なり合って、とてもきれいな人生の分岐点を作り出しています。体とハートで戦う。そのことで新しい自分や価値観と出会っていく。金城さんの小説にはいつもその爽快感が漂っていて、読んでいて気持ちいい。男の子も女の子も、おじさんもおばさんも(爆)彼らと一緒に走り抜ける快感を感じることができます。とうとう高校を卒業してしまった彼ら。ゾンビーズシリーズはもう終わりなのかなあ。だとすれば、さびしいです。舜臣が主人公の小説が読みたいなあ。動機が不純ですか?(爆)

おいしい本箱へ → http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000498
金城一紀さんの本 → http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000361
               http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000362
               http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000360

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
金城一紀著 『SPEED』
映画『フライ,ダディ,フライ』も出てくる “ザ・ゾンビーズ”を主役にしたの物語の最新版。 ...続きを見る
☆お気楽♪電影生活☆
2005/08/22 08:20
「SPEED」金城一紀
{/book/}「SPEED」金城一紀 ★★★★☆ ...続きを見る
ミチの雑記帳
2005/08/25 08:35
角川書店
ん(創業者角川源義の娘、作家、歌人)発行書籍・雑誌 ※メディアワークスなどの関連会社のものについてはここでは除外。 東京ウォーカー・関西角川書店株式会社角川書店(かどかわしょてん)は東京都千代田区にある日本の出版社である。1945年、国文学者角川源義により創業。国文学関連書籍に強みを持つ。一般大衆向けの文庫本を発行しブームを起こす。文字と映像のメディアミックスを推し進め、1970年代後半からは映画制作に進出。更に、1980年代からは『ザテレビジョン』や『東京ウォーカー』などの情報誌も手がけ、ゲー... ...続きを見る
【角川書店】について
2005/10/01 08:52
金城一紀『SPEED』
金城一紀『SPEED』 角川書店 2005年7月1日発行 ...続きを見る
多趣味が趣味♪
2006/06/09 16:48
金城一紀【SPEED】
作家が、どんなふうにして小説を書くのか。そこにすごく興味がある。 ...続きを見る
ぱんどら日記
2006/06/14 13:45
金城一紀『SPEED』
SPEED (The zombies series)金城 一紀角川書店このアイテムの詳細を見る ...続きを見る
itchy1976の日記
2009/10/30 23:14
金城一紀「SPEED」
金城一紀著 「SPEED」を読む。 このフレーズにシビれた。  わけの分からない力に対抗するためには、そうするしかないんだよ、きっと。そのためなら、ひどい目に遭ったってかまわないよ。壊れた世界の中でなんにもしないでぼんやりしてるぐらいならね。 ...続きを見る
ご本といえばblog
2010/10/09 07:48

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは♪
hirarin-deppこと、ひらで〜です
縮めてみました(笑)
わたしも、一気読み!というか、
読み始めたら、やめられなかったですね。
感想(もどき)をTBしました(^o^)/~
舜臣が主人公の小説、好いですね〜
ぜひ書いていただきたいですね♪
ついでに、岡田くんで映画化も・・・
私も動機が不純ですね(笑)
ひらで〜
2005/08/22 08:37
こんにちは〜。
ブログデザイン変えられたんですね。
やっぱりゾンビーズシリーズ、もう終わりでしょうか?
番外編というか外伝でもいいからまた書いて頂きたいです!
この「SPEED」を読んだら、佳奈子じゃないけど、女の子だから彼らに追いつけない・・・って部分がちょっと切なかったですね。
ゾンビーズの面々は優しいから待っていてくれるだろうけど、その優しさに甘えない佳奈子はイイと思いました。
ミチ
2005/08/25 08:39
はじめまして!
私も映画を見てからすっかりゾンビーズのファンです!
『SPEED』もすごく面白かったですね!
男の子たちに追いつけないって思う悲しみって、
女の子なら誰でも一度は経験すると思うので、
最後、佳奈子がそれを「しょうがない」って諦めるのではなく、
前に進んでいく姿がとてもよかったです。
まだ『レヴォリューションNo3』は読んだことがないので是非読んでみます。
そして、私も岡田君で『SPEED』映画化希望です(笑)
tomekiti
2006/06/09 16:57
>tomekitiさん
TBとコメントありがとうございます。
ゾンビーズシリーズ好きなんですよ。佳奈子のキャラもとてもよかったですね。男には男の闘いが、女のは女の闘いがあるのです(爆)現実と妥協するのは、最後でいい・・。その姿勢がかっこいい!これからもよろしくお願いします。
ERI
2006/06/10 20:35
こんばんは♪
ゾンビーズシリーズ第1巻、『レヴォリューションNo.3』読み終わりました!なんだか設定をようやく理解したって感じです、今更ながら(笑)
魅力的なこのシリーズ、まだまだ続くといいですね。
tomekiti
2006/06/12 21:59
>tomekitiさん
このシリーズ、キャラクターがそれぞれいいんですよね。だから
どこまでも続けられそうなんですが。卒業しちゃったからなあ・・。
もう終わりなんですかねえ。高校生である、というところが大事かも、と思うんですが、やっぱりもっと読みたいです。この疾走感がたまらなくいいですよね!!
ERI
2006/06/13 23:53
最近になって、「人間失格」を読み終わりました。
今では、「DIVE上」や「カラフル」、「太陽の塔」、そして、「ナイフ」なども読みました。でも、やっぱり「バッテリー」ですよね。読むのも簡単だし、文も分かりやすいし、内容もおもしろい。ぜひ、「バッテリー」呼んでね。
マッチョ
2007/10/26 16:32

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

SPEED 金城一紀 角川書店 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる