おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 2005年のロケットボーイズ 五十嵐貴久 双葉社

<<   作成日時 : 2005/09/01 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2


すっかり涼しくなって秋だよね、とトップのデザインを秋仕様に
したのに、(写真も変更しようと思ったのに、なぜか何度やっても
このバラなんです。何でかな〜・・。)
またまた今日は暑い!台風のせいですか?
季節に翻弄されますね。
でも、こういう熱さなら大歓迎の、アツくて楽しい青春爆発の物語
でした。五十嵐貴久さんの小説を実は初めて読んだのですが、
予想以上に面白くて、昨日寝る前にちょっと、と思って読み始め
たのに結局全部読んじゃいました。物作りに情熱を傾けてしまった
高校生たちのお話です。

主人公の「おれ」こと梶屋は、町工場の家に生まれながらも
根っからの文系。なのになぜか入ってしまった工業高校で、
全く自分の居場所なしにつまらない高校生活を送るはめに。
ところがひょんなことからキューブサットというミニ衛星の
コンテストに参加しなくてはならないことになり、無理矢理
かき集めた仲間とキューブサット作りに奔走することに・・。

私も根っからの文系人間。心ならずも理系の中に放り込まれた
梶屋のしんどさは想像にあまりある(笑)高校時代、数学に
たっぷり苦しめられたあまり、すっかり縁が切れてもしばらく
真っ白のテストの夢を見たくらいですから・・。
そんな梶屋が無理に引き受けさせられたキューブサット
というミニ衛星のコンテスト。これ、本当に作ってる方達がおられるん
ですね。す、すごい・・。掌に乗るほどの衛星で、本当に地球の衛星
起動上に乗って電波を送ってくるらしい。しかも、それを
学生さんたちが作ってる・・。もう私のような人間にはかんがえられん
ことです。この本で初めてそんなものがある事を知りました。

初めはいやいや引き受けた梶屋が、無理矢理かき集めた仲間
たちと四苦八苦しながら奮闘しているうちに、だんだんその魅力
に引きずり込まれていきます。もちろん梶屋には理系のややこしい
ことはできない。でも、ユニークな仲間と右往左往しているうちに、
「モノを作る」という魔力に引き込まれていく、その過程が丁寧に
書かれていて、理論はわからぬながらも私も引きずり込まれました。

実際にはこんなにうまく物事は運ばないだろうな、とか思いつつも
一癖ある仲間達とのやりとりも面白くて青春のアツさを厭味なく
楽しめます。理系にも文系にもおすすめの本。

おいしい本箱 → http://www.oishiihonbako.jp/detail.php?book_no=000508



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「2005年のロケットボーイズ」五十嵐貴久
「2005年のロケットボーイズ」五十嵐貴久(2005)☆☆☆☆★ ※[913]国内、現代、小説、青春、キューブサット ...続きを見る
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
2005/10/03 08:18
『2005年のロケットボーイズ』
『2005年のロケットボーイズ』 五十嵐貴久 著 双葉社 2005/08 「〜 ...続きを見る
会社ともおの読書日記
2005/10/19 09:12
2005年のロケットボーイズ 五十嵐貴久
2005年のロケットボーイズ五十嵐 貴久 双葉社 2005-07by G-Tools ★★★★☆ ...続きを見る
IN MY BOOK by ゆうき
2005/11/27 21:44
2005年のロケットボーイズ<五十嵐貴久>−(本:68冊目)−
双葉社 (2005/07) ASIN: 4575235318 ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2006/07/27 22:28

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すのさん、TBありがとうございます。こちらからもTBしようとしたのですが、今調子が悪いのか、どうしてもできません。しばらくおいて挑戦します。
ERI
2005/10/04 21:52
いやあ、楽しかったですねえ。
キャラクターたちも漫画みたいでしたけれど、
最後には、ここでがんばらなくてはどうする、
あきらめるな!と手に汗にぎって、応援して
ましたよ。
ともお
2005/10/19 09:11

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

2005年のロケットボーイズ 五十嵐貴久 双葉社 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる