おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS にょっ記 穂村弘 文藝春秋

<<   作成日時 : 2006/04/25 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 7

画像ほむほむの日記は、絶対読む(爆)
もう、間違いなく隙を突かれる。
ああ、もう、そこを突いてくるのね、やめて!
ええ、気になってましたよ、気になってたけど、
あえて言葉にするほどじゃない。
そう思ってることを書かれると、なんでこんなに
おかしいんだろう。

「うこん」と「ちんすこう」のくだりには、おかしくて
涙がでてしまった。この言葉を言い間違えそうな気がして
なるべく発音しないように暮らしてきたのに。
つい、10回ずつ唱えてしまったじゃないか・・。

「カラスの横を通るとき緊張する。
その表情から、あんたの目玉を簡単にくりぬけるけど
見逃してあげるわ、というニュアンスを感じるのだ」

そうです、緊張します。
昔万博公園で、幼稚園児の「うまい棒」を奪い取り、
さっと袋を破って「ふふん」という顔でむしゃむしゃ食うカラス
に戦慄を覚えたことを思い出した。絶対あいつらは秘密結社を
作っているに違いない。いつでもこの世界をのっとれるのよ、という
妙な自信を感じてしまうんだよね、あの顔つきからは・・。
ほむほむ、座布団一枚。

穂村さんも同世代。
ちょっと自信なさげに、「すんません、これでもオトナやってます」
の感じを漂わせながら、いつも目線が新鮮で、ツボをついてくる。
これだけ長く生きてますが、どうもこの世には同化できないんですよ。
どうしてこんなに「ヘン」に満ち溢れているんでしょうね。という
素朴な尽きない疑問符が彼の日記の真骨頂です。
「慣れる」とラクだけど、「慣れ」には落とし穴が潜んでいる。
鈍くなること、「これでいい」と思ってしまうこと。
道具のようにいろんな技術を磨くことは必要だけれども、感性だけは
とがっていたい。穂村さんの日記を読むと、いつもそう思います。
彼はやっぱり詩人ですね。

・・・という小理屈はおいといて。
とにかく面白いです。
いっぱいわらってあげてください(爆)
装丁もGOOD。フジモトマサルさんの挿画もぴったりです。
最初の献辞「佳代に」って・・・。奥様ですか?
もう、ほむほむったら。可愛いなあ。

おいしい本箱トップ → http://www.oishiihonbako.jp/index_f.php

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ほむほむと赤いコート
本屋で立ち読みした、今月号の『SPUR 』に 穂村弘さんのインタビューが載ってい ...続きを見る
田舎暮らし2006
2006/04/30 00:35
『にょっ記』
奇妙で楽しい穂村日記! ...続きを見る
「女流作家」の楽しみ方!
2006/05/01 22:44
【読んだ本】にょっ記/穂村弘
たまにはこんな脱力本も。 思いっきり力抜けました。 いや、思いっきり力抜けてる。この本が。 そして、こんなセンスって、なんとなくうらやましい。 ...続きを見る
こばけんdays
2006/05/09 02:44
にょっ記 穂村 弘
 別冊文藝春秋に連載されていたホムラ氏(私は密かに「ホムホム」と呼んでいる)のウソ日記。 ...続きを見る
流星シラップソーダ
2006/05/13 20:09
「にょっ記」穂村弘
「にょっ記」穂村弘(2006)☆☆☆★★ ※[914]、国内、現代、エッセイ、随筆、日記、フィクション ...続きを見る
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
2006/08/21 13:10

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは。
私も穂村中毒のひとりです。
>ちょっと自信なさげに、「すんません、これでもオトナやってます」
ああ、わかります!!(>_<)
ホント、こんな感じです。
同じような日常を送っているはずなんでしょうが、目の付けどころがさすがです。
たまりませんね。
☆すぅ☆
URL
2006/05/01 22:42
>☆すぅ☆さん
詩人、歌人、という人たちに見えている世界って、ちょっと凡人とは違うものがありますね。このユーモアの裏側にあるのは、まぎれもなくその「歌人」としての「眼」なんでしょう。笑いながら、いつもその視線が新鮮だな、と思います。
ERI
2006/05/02 20:47
TBさせていただきました。
ERIさん、すごいです!
ちゃんと読書評になってます。
私のなんて、どう書いていいか分からないけど面白かったのでとにかく書いてしまえっ、てな感じの文章になってしまいましたが、ERIさんのは読みながらいちいち「うんうん」とうなずいてしまいます。

穂村さん、私もほぼ同世代なんだなぁ。
このセンスに軽い嫉妬を感じますw
こばけん
URL
2006/05/09 03:00
>こばけんさん
読書評になってます?だったらうれしいんですが・・。なんかただ思ったことをたらたら書いただけ、という感じも(爆)軽い嫉妬・・。わかります〜。こんな風に世界を切り取れたら、まったくこの世の中が違ってみえそうですよね。ほんと、詩人の感性ってうらやましいです。
ERI
2006/05/09 22:27
なってますなってます!>書評

> 穂村さんも同世代。
以降のブロックがバッチリ「書評」です。
> 「慣れる」とラクだけど、「慣れ」には落とし穴が潜んでいる。
> 鈍くなること、「これでいい」と思ってしまうこと。
このあたり、膝を打ちました。

そんな感性で自分も一行でいいから書けたらな、と思いますよね。
こばけん
URL
2006/05/10 02:42
お久しぶりです。やっとうわさの本を読みました。でも残念ながら、皆さんと同じテンションではなさそうです。ニヤニヤくすくすは同感なのですが、これは決して大きな声で話してはいけないのでは、と勝手に思い込んでいます。もっと、ひっそり、こっそりと・・そのほうが似合うと思うのですが、。
すの
URL
2006/08/21 13:35
>すのさん
すのさんの感性の奥ゆかしさに、自らを省みて忸怩たる思いの私です(爆)男の子二人を生産してしまったでいか、下ネタにもびくともしない人間になっちまいました。でも、ほむほむは、女性に人気があるんですよね。皆様、ここを読んでどう笑われたのか知りたい・・。
ERI
2006/08/22 22:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

記事一覧

にょっ記 穂村弘 文藝春秋 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる