おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ウラナリ、さよなら 板橋雅弘 講談社YA!ENTERTAINMENT

<<   作成日時 : 2007/05/18 00:30   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像ウラナリくんとさくらちゃんのシリーズの、これが最終巻です。
終わってしまうんやなあ・・と感慨にふけりながら読み出したんですが・・。
えっ?ええ〜〜っ?何で、こんな展開なん?と眼が点に。
これは・・ありですか?
私は、こんな展開を読みたかったわけじゃないんやけど・・と、なんだか
とっても悲しい気持ちになってしまった。
こういうシリーズの登場人物って、自分の中で命を持っている感覚なんですよね。
友達・・というには、年齢が離れすぎてるけど、お母さんみたいな、
半分友達みたいな感覚で二人の恋を応援してた・・。
私は、これから歩いていく二人を見たかった。
もちろん、これも一つの出発かもしれんけど・・やっぱりちょっと違う。
違うやん、って思います。

息子も、このシリーズを楽しみにしてたんですが、やっぱりびっくりして
しまったみたい・・。「この方がウケるんかな?」って言ってましたけどね・・。
昔の「赤いシリーズ」やあるまいし(古い!)使い古された展開では
ありませんか・・。これで、良かったん?う〜ん・・・。

可愛いサクラちゃんが、もっとウラナリを蹴飛ばすところ、見たかったなあ・・・。


おいしい本箱 http://www.oishiihonbako.jp/index_f.php

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

記事一覧

ウラナリ、さよなら 板橋雅弘 講談社YA!ENTERTAINMENT おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる