おいしい本箱Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜明けの街で 東野圭吾 角川書店

<<   作成日時 : 2007/07/15 22:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

画像不倫の話でしたねえ・・。
もう、初め主人公の渡部が派遣社員の秋葉と深い仲になって
いくとこなんか、もうあんまりベタなんで、どうしようかと思いましたよ(笑)
これって、男の人の夢だよなあ・・。
美人の、他の男には冷たいツンデレタイプの若い女の子が、なぜか
自分には積極的。秘密のデート。あっさり抱かれてくれて・・・。
なんでこんなにベタな恋愛書いてるねん、と突っ込みたくなった
ところにやっと事件の影が見えてきて、正直ほっとしました。

渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。両親は離婚し、母親は自殺。彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、沈黙を貫いてきた。犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。果たして秋葉は罪を犯したのか。まもなく、事件は時効を迎えようとしていた・・・。


・・・で、これは長い長い時間をかけた復讐ですね。秋葉の。
その彼女にうまく操られた渡部、という図式。最後まで秋葉は渡部をアホやなと
思ってたやろし、そんなベタなところにきっちり乗ってくる渡部を可愛いとも
思ってたんやろな、という・・すいません、それくらいしか思わなかった。
そう。15年間ずっと真実を、冷たい氷のように抱えていた女。
そんな女が見ているものが何なのか、そりゃ渡部にはわからないよなあ・・。

で、最後、渡部は奥さんのところに戻っていくわけですが。
気がついてないよね。家にもう一人、真実の氷をずっと抱く女を作ってしまったことに。
まあ、たっぷり復讐されてください・・とつい冷たくなってしまうのは
彼の恋愛に感情移入できる部分がなかったからかもなあ。
「浮気」なんだよなあ。結局・・・。
人をどうしようもなく愛してしまう切なさ・・なんてないもんな。

こないだ読んだ「月光スイッチ」も不倫の話でしたけど・・。
愚かさならあっちの方が上なんですけどね。
だって、奥さんがいない間に、その家に上がりこんでるんですよ。
でも、あれは不愉快にはならなかった。かえって切なかったんやなあ。
彼女は、自分が愚かだということを、よく知っていたんですよ。
渡部は、そうじゃない。女にもててる自分が、いい夫やいい父親を演じている
自分が、けっこうイケてると思ってる、それが鼻白む。
この小説、不愉快なんですよね・・女の書き方が。
最後の「新谷君の話」も不愉快。
若い女の子を抱きたいだけなんじゃないの?それが恋愛なんて、しゃらくさい。
ちょっと大嫌いなW先生の小説のかほりがいたしますよ。
結局男に都合のいい女がほしいのね。

こういう人に限って、今度奥さんが他の男を好きになったりしたら、あわてふためいたり
するんやろねえ。という、感じ。すいません、感動できませんでした。
ただ、軽いミステリーとしては読みやすいし、筋の運び方は、さすがに上手です。
ただ「最高傑作」というのはどうやねん、とは思いましたね・・。
煽り文句ではあるんでしょうが。う〜ん・・。

おいしい本箱 http://www.oishiihonbako.jp/index_f.php


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夜明けの街で 東野圭吾
装丁は高柳雅人(角川書店装丁室)。写真は(c)TOMOYOSHI OSHIYAMA。「野性時代」2004年9月号〜2007年4月号掲載を加筆修正。 主人公で語り手の僕:渡部は派遣社員の仲西秋葉と以前は軽蔑していた不倫の恋に。でも彼女は15年前、父親& ...続きを見る
粋な提案
2007/07/25 04:35
夜明けの街で/東野圭吾
夜明けの街で (内容紹介) 15年前の殺人事件。 まもなく時効を迎える。 僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた――。 渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。両親は離婚し、母親は自殺。彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。殺人現場に倒れていた... ...続きを見る
心の音
2007/08/07 12:31
夜明けの街で<東野圭吾>−(本:2009年読了)−
夜明けの街でクチコミを見る ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2009/10/24 08:12
「夜明けの街で」東野圭吾
東野圭吾「夜明けの街で」を読んだ。(この記事ネタばれあり)     男の側から見た不倫とはこんな感じ。「夜明けの街で」はまさにそんな小説だ。40を前にした妻帯者が不倫に溺れる。しかも妻には不倫がバレていないと勝手に想像する。この世にはこんな状況の男がた... ...続きを見る
りゅうちゃんミストラル
2010/01/14 15:55
東野圭吾「夜明けの街で」
東野圭吾著 「夜明けの街で」を読む。 このフレーズにシビれた。  不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。 ...続きを見る
ご本といえばblog
2010/03/17 07:48
夜明けの街で (東野圭吾)
時効を待つ女、秋葉、 果たして彼女は真犯人なのか? ...続きを見る
花ごよみ
2010/04/24 20:27

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

記事一覧

夜明けの街で 東野圭吾 角川書店 おいしい本箱Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる