サクリファイス 近藤史恵 新潮社

画像非常によく練りこまれた、緊迫感に満ちた物語でした。
「サクリファイス」とは「犠牲」ということ。自転車競技では
エースを勝たせるために、チーム全体でそれをサポートする。
つまり、一つの勝利のためには、常に捨て駒が存在するということ。
もちろん、スポーツであり、勝負の世界である限り、そこには
人の感情が渦を巻く。この物語は、そんな自転車の世界に生きていく
人間の心の中を緻密に追いかけてあります。
自転車という競技の駆け引きと、そんな人間のドラマが見事に絡み合う。
いや~・・自転車という競技に無縁の私も十分楽しめました。



自転車、という競技を私はほとんど知らないんですが、非常に
クレバーな要素が大きい競技だと思いましたね。「駆け引きと戦略」のスポーツ。
そして、何より「誇り」を大切にする紳士のスポーツ。
ただ、相手を出し抜いて勝つだけでは、尊敬されない。
フェアであること、それが尊重されるという・・。
この物語にも出てきますが、近畿の近郊の山々では、自転車のトレーニングを
してらっしゃる方を、よくみかけます。自転車で、よくこんな山道を走るもんやな~、
と思うだけだったんですが、ちょっと今度から見方が変わりそう。
一見地味やけど、非常にスリリングなスポーツなんですね。


この物語の芯になるのはさっきも書いた「誇り」という言葉でしょう。
勝利のために、黙々とエースのために自分を走らせるアシスト。
それは、やはりその勝利の影には、自分がいるんだ、という誇りでしょう。
そして、その犠牲の上に勝利を手にするエースは、誰よりも誇り高い
存在でなければならない・・。この主人公の所属するチームのエース・石尾は
そんな存在。ほとんど喋らない彼の真意はなかなか周りに通じにくい。
そんな石尾を巡る謎にぶち当たりながら、成長していく白石・・。
少しずつエースとしての石尾の心理と行動が解き明かされるんですが、
それが非常にドラマチックで感動的です。
それまで表に見えていたものが裏に、黒に見えていたものが白に
ひっくりかえっていく、面白さ。そして、そんな石尾の行動を読み解けたのは、
いつしか白石も、悩みながらも同じ誇り高さを身につけたからかもしれません。


何だかねえ~、最近ニュースをも見たり、いろんな事を見るにつけ
聞くにつけ、しょぼくて、かっこ悪いことが多すぎますね。
タダで接待してもらったりすることがそんなに嬉しいんか、とか。
老舗、という看板を背負いながら、もったいないから、何度もモチを使いまわすとか。
セコい。しょぼい。皆、「誇り」がなさすぎ。誰が見てなくても、自分が見てる
わけやないですか。私も大概自分に甘い人間やけど、やっぱり、自分が
自分であるために一番大事なところは、譲ったらあかん、と思うんですよね・・。
そんなこと思うんは、少数派なんかと思う今日この頃ですが・・。
この物語を読んで、そのイライラのツボを押されたみたいで、とっても
すっきり致しました。近藤さんとは、友達になれそうな感じがするな、と
いつも思う。犠牲という残酷さをよくわかっていた石尾の潔さに、最後涙しました・・。
いい物語でした。


おいしい本箱 http://www.oishiihonbako.jp/index_f.php

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Roko
2007年12月05日 23:16
ERIさん☆こんばんは
最近ニュースになっている人達って、みんな恥ずかしい人ばっかりですよね。
エースのためにがんばるアシストって、誇りなしにはできない仕事です。
ロードレース観戦も是非!
藍色
2007年12月16日 17:30
こんばんは。
自転車ロードレースの世界の魅力、アシストの役割や思いが十二分に描かれていましたね。最後に石尾さんの思いがわかって、感涙でした。
自分に「誇り」を感じられないこと、時々あって「一番大事なところは、譲ったらあかん」って思えるようになりたいです。
仕事多忙でなかなか休めませんが、意識はしています。
『ブルースカイ』にもトラバさせていただきました。
2008年09月05日 23:55
ERIさん、こんばんは(^^)。
渦巻く感情、対立する関係、息をつかせぬ展開。
とてもすごい作品だったと思います。
「サクリファイス」の本当の意味がわかった時、その真摯な思いと責任感と、嫉妬や羨望すら飲み込んで頂点に立つ「エースの孤独」に胸が痛くなりました。