私は売られてきた パトリシア・マコーミック 代田亜香子訳 作品社

画像これは、非常に辛い本です。
毎年、たくさんの・・後書きによると、年間一万二千人近い
ネパールの少女たちが、インドの売春宿に売られているとのこと。
それも、たった300ドル。円高であることを考慮に入れても、たった
三万円くらいのお金と引き換えに、売られていく。
この本は、その少女たちのことを実際に取材し、自分の目と足で
確かめた著者が、一人の少女を主人公に、物語という形にまとめたもの。
ですので、フィクションですが、この本に書かれていることは、事実です。
今も、この世界のどこかで起こっていること。
読めば読むほどに辛いです。でも、目をそらしてはいけない現実でもあります。

主人公のラクシュミーは、ネパールの山の村で生まれた女の子。
荘厳な山の自然の中で、彼女は母と、義父と、兄弟たちと暮らしている。
彼女が初潮を迎えた頃、村は洪水に見舞われ、働かない義父のせいもあって
彼女の家は貧窮する。もともとラクシュミーに辛くあたっていた義父は、
ほんのわずかなお金を引き換えに、彼女を売ってしまう。
自分がどこに行くのか、何をさせられるのか、知らないままに遠くに
運ばれてしまったラクシュミー。彼女を、過酷な現実が待っています。
その一部始終が、押さえた筆致で、冷静に描かれています。
ラクシュミーが、母を、兄弟たちをどんなに愛していたか。
故郷の山々を、どんなに切なく思い出すことか・・。
その思い出を散々に汚してしまうような、悲惨な出来事が、どれだけ
彼女の心を、身体を引き裂くことか。
私たちは、21世紀になっても、この貧困ゆえに女の子が売り飛ばされることさえ
終わらせることが出来ない。その事にうなだれます。

こういう悲劇を食い止めるために、行わなければいけないことは、
たくさんあると思うのだけれど、まずは教育なんだろうと思うんですよ。
文字を知る。本を読む。様々な価値観があることを知る。
自分の身体を大切にする権利を、誰かが奪うことが間違いだという事。
例え、それが親であっても。人間を売り買いしてはいけない事。
男も女も、性によって暴力を受けてはいけない事。
私たちはその事を当たり前だと今は思っているけれど、つい戦前までは
日本にも、この本に書かれているような現実があった。
それは、そんなに昔のことではないんだから・・・。
後書きで、著者が、このような悲惨な状況から逃れた少女たちに実際に
会ったことが書かれています。
自分たちの置かれていた現実の問題に気づき、様々な活動をしている
少女たちは、人間としての誇りと尊厳をかけて、自分たちのような
少女たちが少しでも減るように頑張っているらしい。
その尊厳を取り戻すのも、また知識の、教育の力だと思う。
人として生まれたものが、等しくきちんとした教育が受けられる。
そんな最低限のことが出来る世の中に・・なって欲しいと、
まるで人ごとのように書く自分が嫌になってしまうけれど。
同じ女として、この本を読んでいる間中、心と体が痛かった。

著者もきっと非常に辛い想いをした事だと思いますが、感情に流されず、
悲惨な体験をした少女たちの尊厳を、きちんと尊ぶ姿勢で
この本を書いている。その事が伝わってくる文章でした。

あたしの名前はラクシュミーです。
ネパールから来ました。
わたしは十四才です。


この結びの文章がいつまでも胸に残ります。
身体の中に鈍痛のように・・・。


2010年6月刊行
作品社

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ナシエラ
2012年08月22日 18:05
こんにちは、初めまして。
ナシエラです、14歳の中二です♪

私もこの本読みました。
すごく切ないけど読んでしまいます。

実は私、この本を夏休みの宿題の
読書感想文にして出しました。

書けば書くほどラクシュミーの気持ちがどんどんわかってきて、
何だか胸が締め付けられました。

私も最後の言葉が忘れられません。


『あたしの名前はラクシュミーです。
ネパールから来ました。
わたしは十四才です。』


いきなりすみません、
それでは♪♪
ERI
2012年08月22日 23:17
>ナシエラさん
コメントありがとうございます。ラクシュミーと同じお年なんですね。なお一層彼女の気持ちが心に響いたでしょうね。切なくて辛いお話です。でも、私も読んでよかったと思いました。ナシエラさんの感想文、読んでみたいです。