テーマ:小路幸也

HEARTBLUE 小路幸也  実業之日本社

「HEARTBEAT」の続編。 舞台をニューヨークに移しての長編です。 主人公のワットマンは、巡矢と委員長に縁のあった 警察官。その彼のところに、一人の少女の失踪事件が 持ち込まれる・・・。 ワットマンの父親も警察官。謹厳であった父親は ワットマンの誇りと憧れの象徴。しかし、家族の過去には ある事件があった。ワットマンの姉…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

カレンダーボーイ 小路幸也 ポプラ社

過去に戻って、もう一度やり直せたら・・って思うことって 絶対ありますよね。私も多々アホな過去がありますから(笑) あそこからもういっぺん、と思うこともあります。 そして、やっぱり、過去に戻るなら、今のこの精神状態と頭を持って 戻りたい。そしたら、人生もっと大切に、充実して過ごせるんじゃないかと 妄想したことも、一度や二度じゃな…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

シー・ラブズ・ユー (東京バンドワゴン) 集英社 小路幸也 

ほのぼの東京下町人情ドラマ第二作。 家族・・しかも大家族。今の日本に一番少ない風景かもしれない。 だからこその、ユートピア。 決して本当にはない、幸せの形なのかも。 何が、この物語のふんわり感を作っているのかな、と思って読んでいました。 それは、この物語を支える女達の力ですね。 たくさんの登場人物をさらっと書き分ける小路…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

東京公園 小路幸也 新潮社

「写真を撮る」ということが、私にはどうも苦手だ。 これは絵を描く、ということにも繋がるのかもしれないけれど、 私が写真を撮ると、なにやらボケる。いや、ピンボケではなくて ちゃんと写ってるんですが、自分の撮りたい、と思ったものは写っていない んですよ。どうも、それはファインダーの向こうで私の前から逃げて いってしまうらしい。私が…
トラックバック:7
コメント:9

続きを読むread more

キサトア 小路幸也 理論社

さわやかな風が吹き抜けるようなファンタジー。 ちょっとナウシカの風の谷を思い出してしまうような。 なんだか素直に、ここに出てくる人たちのやさしさを受け止められる。 この「カンクジョー」に滞在して、朝日と夕日を眺めながら風に吹かれて みたくなります。 これは、どこか別の世界。海辺の、強い風が吹き抜ける町。 町長が駅長を兼ね…
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

東京バンドワゴン 小路幸也 集英社

本の最後に「あの頃、たくさんの涙と笑いをお茶の間に 届けてくれたテレビドラマへ。」と献辞があって、じ~んとしてしまった。 「昔のホームドラマの匂いがするなあ」と思いながら読んでいたから。 たくさんの世代のいる大家族、「稼業」というもの、ご近所の人たち、 頑固な親父さん。涙と笑いと、ちょっとした事件。 そんな懐かしいものをたっぷ…
トラックバック:9
コメント:4

続きを読むread more